迂闊なことは言えない…我が家の2歳児が覚えてしまった言葉 by かわいかあこ

   

女の子2人のアラフォーママ、かわいかあこです。
長女は2015年生まれ(あだなは「おねまる」)、次女は2018年生まれ(あだなは「みにたん」)です!

お風呂あがり、我が家では子供たちはリビングでお着替えをさせます(保湿をするため時間がかかるので、長い間暑い(夏)or寒い(冬)脱衣所にいたくない・・)。
そのため、脱衣所でタオルを巻くことにしています。

長女おねまるの肩にタオルを巻くとき、取れそうだったのでちょっと結んでやったのですが・・

それが「80’S トレンディドラマの石田純一」風、「カーディガンのプロデューサー巻き」っぽかったので、つい・・

「はい。純一巻き…」

と口走ってしまいました(言わんでいいことをつい言ってしまう性分・・泣)。

おねまるは「?」という感じで、その場は終わったのですが・・

 

また別の日。

脱衣所でタオルドライしておりましたところ、次女みにたん(2歳児)に

「かあちゃん、かあちゃん」とお声をかけられ・・

なんじゃいと振り向くと一言。

 

「じゅんいちまち、ちて!(純一巻きして、やって!)」

 

うぉい!覚えなくていいんだよ~そんなこと~泣

かーちゃんがさらっといった戯言をイチイチ記憶してしまう・・。
もう迂闊なこと言えないのね~・・。

 

ちなみに腰にタオルを巻いてやったときに

「サウナのおっさん巻き」と口走ってしまい、それも「おったんまき、ちて(おっさん巻き、して)」とたまに言われています・・泣。

こっちのがダメ?ああーお里が知れちゃうっ!

・・反省しています。ダメ親!ここで懺悔します・・。

今回もくだらないネタにお付き合いいただきありがとうございました・・泣

 


⇒作者:かわいかあこさん
みんなの漫画読む
tit-main

 - みんなの漫画, 子育て, 沐浴・お風呂




 - みんなの漫画, 子育て, 沐浴・お風呂


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。