3歳3ヶ月、延長保育生活の始まり。【娘の発達障害㉝~必要なかった罪悪感~】 by SAKURA

ページ: 1 2

   

 

当日、リュックが増えていることに関して、少し疑問を持っているようでした。

 

幼稚園の初登園も泣かなかった娘なので、

「泣いていたらどうしよう!」なんて心配は、まったくしていなかったのですが、

 

 

予想外にも娘は、延長保育の初日に外を見ながら静かに涙を流していたそうです。

 

 

その話を聞き、娘に対して申し訳なく思った私でしたが、

 

 

「1,2分、外を見て少し泣いて・・・あとはケロッとしていましたよ」

という先生の言葉を聞き、安心しました。

お迎えに行った時、娘は外を元気に走り回っていて、

とても楽しそうでした。

 

 

トイレトレーニングがまったく進んでいなかったので、

帰りの荷物は、幼稚園だけの頃より2倍になり、ずしんと重みは感じましたが、

 

 

帰り道スキップして歩く娘を見て…

 

 

私の罪悪感は軽くなり、「預けて良かった」と感じました。

続く…。

 

~第一話はこちらから~


すくパラNEWS公式YouTubeチャンネル毎日更新中!
チャンネル登録お願いします!

■単行本「うちの子、個性の塊です」

◆今までのお話

娘の発達障害シリーズ
苦しかった私の母乳育児
旦那の単身赴任中におきた、私の体調不良

SAKURAさんのお話をもっと読む
⇒インスタグラム sakura.kosei

しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

ページ: 1 2

フォローしてSAKURAさんの最新記事をチェック!

 - 3歳児, トイレトレ, ママ, 働くママ, 子育て, 幼稚園, 発達障害, 自閉症 ,




 - 3歳児, トイレトレ, ママ, 働くママ, 子育て, 幼稚園, 発達障害, 自閉症 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/