『お姉ちゃん』は頑張らなきゃいけないと思っていた私のターニングポイント【呪いの言葉②】 by CHIHIRO

ページ: 1 2

   

こんにちは!3兄弟の母、CHIHIROです。

Instagramで育児漫画を描いています。https://www.instagram.com/chihiro21865527

 

◆前回のお話

小さい頃、親から繰り返し言われた言葉【呪いの言葉①】

 

父方の祖父母は、私をとても可愛がってくれました。

両親は共働きだったので、祖母は私の母親代わりとなり、学校の宿題をしてるときの付き添いなど良くしてくれました。本当にありがたかったです。

…が!!

祖母は私にある人の話をずっとしていました。

 

その人物とは…私の父。

父は勉強もスポーツもこなせる、いわゆる優等生タイプ。

祖母にとっては自慢の息子だったようで…

 

 

 

「ちーちゃん(私のあだ名)のお父さんは計算が得意でね…」

「お父さんはテニスをしててね…」

「ちーちゃんもお父さんみたいになれるかね」

…などと勉強をしてる私の隣で父の話ばかり。

 

私はその自慢の父の第一子。

祖母は私に幼き父の姿を投影し、私へかける期待も大きかったと思います。

 

それをおかしいとも思わず、

大人から『お姉ちゃんだから』『お姉ちゃんのくせに』と言われ続けていた私は

「お勉強ができたら認めてもらえる!

お姉ちゃんという立場は頑張らなきゃいけないんだ!

と思っていました。

 

 

祖母のおかげ(?)もあって、小学校の成績は良かったです。

そう、小学校までは。

 

 

自分が勉強が出来ないポンコツだと気付いたのは、中学生になってから…。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローしてCHIHIROさんの最新記事をチェック!

 - じいじばあば, 中学生, 二人目以降, 姉妹, 子育て, 小学生 ,




 - じいじばあば, 中学生, 二人目以降, 姉妹, 子育て, 小学生 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。