喋りたいのに喋れない。私の中に積もっていったもの【転校したら話せなくなりました②】 by すみか

ページ: 1 2

   

◆前回のお話

転校をきっかけに話せなくなった私にクラスメイトは…【転校したら話せなくなりました①】

 

 

家にいる時は大きな声で笑う元気な私。
学校にいる時は無口で大人しい私。

自分が別の人になったような感覚になり
どっちが本当の自分なんだろうと考えるようになりました。

 

 

話し掛けられても何を話せば良いかわかりませんでした。

それでもまだ小学3年生。
物怖じせず近くにいる子には話し掛ける子が多くて
私自身もクラスメイトはみんなお友達!という気持ちだった気がします。

 

私が話せなくても普通に話し掛けてくれる子が多かったです。
話し掛けられると嬉しかったです。
同時に返事が出来ないことが歯がゆかったです。

クラスの子にぶつかってしまい
ごめんねと言えなかった時はすごく落ち込んで
家に帰った後も謝りたかったなぁ…と後悔していました。

 

自分の好きなことの話も出来ないので
学校にいて楽しいと感じることはほとんどありませんでした。
ひたすら無でした。

 

話し掛けたい、教えてあげたい
嫌なことを注意できる子が羨ましい…

といったもどかしさや歯がゆさが積もりに積もっていました。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローしてすみかさんの最新記事をチェック!

 - 女の子, 小学生 ,




 - 女の子, 小学生 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。