間違った処方薬を出した薬局の人が家にやって来る!現れたのは…【信頼していた薬局で起きた、背筋の凍るまさかの出来事④~最終話~】 by えなり

ページ: 1 2

   

こんにちは!えなりです。
1歳の男の子を育てているワーママです

インスタグラムでエッセイ漫画を描いています!
https://www.instagram.com/enari_manga/

 

★前回までのお話

信頼していた薬局で起きた、背筋の凍るまさかの出来事①

信頼していた薬局で起きた、背筋の凍るまさかの出来事②

信頼していた薬局で起きた、背筋の凍るまさかの出来事③

 

 

処方薬の間違いが判明し、薬局に連絡した私。

電話に出た責任者「尾路さん」の、悪いと思っている感じがしない陽気な声色にかなりモヤモヤしていました。

その後、尾路さんが、正しい薬を家まで持ってくるとのことだったので、自宅で待機することに。

私は先程電話を通じて怒鳴り散らしてしまった相手と面と向かって会うという気まずさに、緊張していました…。

家に行きますとは言われたものの、何時頃に来るのか分からず、予定が立てられなくて困るなあと思っていた、

ちょうどその時…

 

 

 

 

医師に確認して薬を受け取ってから来ると言っていたので、1時間弱くらいはかかると思っており、こんなに早く着いたことに驚きました。

マンションのエントランスのオートロックを解除して、尾路さんが玄関までやってくるのを待っていました。

 

すると、外から不思議な音が聞こえてきました。

 

 

 

 

その時、玄関のチャイムが「ピンポーン!」と、鳴りました。

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてえなりさんの最新記事をチェック!

 - しくじり育児, トラブル, ママ, 保育園, 子育て, 幼児, 病気 ,




 - しくじり育児, トラブル, ママ, 保育園, 子育て, 幼児, 病気 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/