真夜中、ゴミを燃やし続けるおじさんの家が再び…【火事の家のおじさんの話⑧~最終話~】 by 愛すべき宇宙人

ページ: 1 2 3

   

 

そしてしばらく経ったある日の事でした。

 

 

家に来たのは、

おじさんの身内の方と、

おじさん本人でした‼︎

 

 

 

 

おじさん!!

 

一瞬誰か分からなかったけど、

久しぶりにキチンとしたおじさんの姿に

とても安心しました。

 

そして、おじさんの身内の方は

こう言いました。

 

 

 

二度目の大きな火事を起こした事で、

どんな話し合いがあったのかはわかりませんが、

おじさんは施設に入る事になりました。

 

でも、おじさんが

ちゃんとした生活を送れると思うと

そして火事の心配がなくなると思うと

色々とても安心しました。

 

気付けば、

ここまで来るのに、3年ほどかかっていました。

 

 

 

おじさんとは、ここでお別れとなりました。

 

さて、火事のおじさんの家が取り壊された後の話ですが

 

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

ページ: 1 2 3

フォローして愛すべき宇宙人さんの最新記事をチェック!

 - トラブル , ,




 - トラブル , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/