無視や陰口は深刻度が低い?私が絶望を感じたイジメ。ある日突然、仲間外れに…【悪意と無関心に囲まれた日々①】 by ちくまサラ

ページ: 1 2

   

はじめに

ちくまサラと申します。

普段は育児中心にブログインスタを運営しています。

今回のお話は、実話をもとに再構成したものです。
特定の誰かを断罪する漫画ではありません。

小さくても一人一人の悪意が集まると大きな渦になること。そして色々な意味で忘れられない出来事になった私自身のエピソードとして紹介したいと思います。

スカッとな結末ではありませんので、ご注意ください。

 

 

「証拠」があって、その内容が重く、悪質であれば、法的措置をとることも可能だと思います。

しかし…

 

 

「無視」「陰口」は、いじめのうちに入らないと言う人もいます。

本当に壮絶ないじめに遭った人からしたら、「こんな程度で」と思われるかもしれません。
私自身も、もしもう一度同じ経験をしたら乗り越えられると思います。

しかし、当時の幼い私にとっては本当に辛い出来事でした。

 

 

当時は常に誰かが誰かの陰口を言っているような状態でした。
陰口を言うことで結束が強くなるような、そんな錯覚をしていたんだと思います。

他のグループではなく、自分のグループの中で一人をターゲットにし、陰口を言い、仲間外れにして追い出すということをくり返していました。

 

 

前兆は全くありません。

それは突然訪れます。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてちくまサラさんの最新記事をチェック!

 - トラブル, 中学生, 女の子 ,




 - トラブル, 中学生, 女の子 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/