こんな事が許されるの?「宿題を忘れたら罰として…」と笑顔で話す教頭先生の衝撃発言【温和な教頭先生の裏の顔 前編】by あん子

ページ: 1 2

   

こんにちは!あん子です。

今回の話は私が小学生の頃出会った、温和な教頭先生の裏の顔です。

これは学校だけではなく何らかの権力関係から生まれる構図がある環境だと、どこでも起こりうる可能性があるのではないかと思います。

ただ、誤解していただきたくないのは、このようなことはごく一部の教員でしかなく

ほとんどの先生は、子どもたちに対し

真摯に向き合う誠実な先生方ばかりです。

また同じような経験をした方でフラッシュバックなどのご心配がある方はご注意ください。

 

 

でもこの教頭先生には

 

 

ことの始まりは、私のクラスの一部の授業を教頭先生が担当したことからはじまりました。

当時、小学3年生。9歳でしたので

教頭先生がなぜこのクラスの一部の授業を受け持ったのかの経緯は分かりません。

教頭先生は物腰が柔らかく

いつも笑顔だったことが印象的でした。

 

 

クラスの子は

素直に

「はーい!」

と返事をする子もいれば

「え〜。」と不満そうにこたえる子と反応は様々。

小学生なら宿題を出されることは、当たり前だと思います。

 

ですが

教頭先生の次に放つ言葉にゾッとしました。

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてあん子さんの最新記事をチェック!

 - トラブル, 女の子, 小学生 ,




 - トラブル, 女の子, 小学生 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/