登校中の悪夢…誰にも言えなかった性被害【性被害に遭って10年ひきこもった私が娘と出会うまで①】 by たんこ

ページ: 1 2

   

娘が小学3年生になり、私の中ではある不安が大きくなっています。

9歳。

それは、私が性被害に遭った年齢でした。

それを振り返ると共に、なんとか娘には同じ経験をさせたくないと試行錯誤していること、
そしてその経験により一度はどん底の真っ暗闇になった人生が
娘によって彩られていくまでを、感謝を込めて、書きたいと思います。

 

初めに、
私の人生はこの経験によって、長い間、どん底でした。
未来に希望を見出せない時期が、10年以上続きました。
それでも、私の周りにはいつだって、静かに見守ってくれている人がいました。
だからこそ生きていられたし、今、幸せだと感じることができています。

同じ経験をした人が、まだ暗闇の中にいるその人が、
どうかその先の未来に、ほんの少しでも希望を見出せますように。
そう願いながら、書かせていただきます。

 

* * *

 

田舎育ちの私は、田んぼの中で駆けずり回りながら育ちました。
父の実家での同居ということで、常に大人の目がある中、
比較的自由に過ごしていたと思います。

ただ、義実家同居ということで母は常にストレスフル。

 

私が何かひとつ喋れば、その言葉を巡ってあーでもないこーでもないと
激しい母と激しい祖母が言い争いを始めるような、そんな緊張感が常にありました。

成長と共に徐々に空気を読むことを覚えていった私は、
出来るだけ当たり障りないように、もの静かになっていきました。

 

 

そんな中、その事件は起こります。

朝、出遅れて、集団登校の群れから離れてしまった私は
ひとりで登校していました。

 

 

小学校までは片道2㎞ほど。住宅地を通るといえど田舎は田舎。
道は平坦ではなく、ひと気のない場所はいくつもありました。

 

そんなひと気のない道に、その車はありました。

 

何の変哲もない、こぎれいな、白いセダンタイプの乗用車でした。
路上駐車の車は珍しくなかったので、私は何とも思わずに
その車の脇を通り過ぎようとしました。

 

すると…

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

ページ: 1 2

フォローしてたんこさんの最新記事をチェック!

 - トラブル, 女の子, 小学生 ,




 - トラブル, 女の子, 小学生 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/