妊娠報告よりも嫌だった『子どもがないことの説明』 子育てママから言われたことは…【私の不妊治療⑰】 by SAKURA

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【私の不妊治療】シリーズ一覧

 

前回の続きです。

友達や知り合いからの妊娠報告のたびに傷ついていた私。

他人と自分の状況を比べてしまい、「なんで私は・・・」と落ち込んでしまう自分のことが嫌でした。

 

 

そんな自分の考え方を変えたくて、強くならなければと思いました。

 

それからちょっとして、旦那が単身赴任から帰宅しました。

 

 

前回の『寝てしまった事件』に関してや、話し合いが持てないことなど、言いたいことは山ほどありましたが、

とりあえず一緒に暮らす日々に戻りました。

 

ちょっと気まずい日々を過ごしていたある日、旦那が仲良くしている先輩のお家へ招待され、

遊びに行くことになりました。

 

旦那の先輩は4人家族。

奥さんと2人の子どもがいました。

 

この頃、私は子どものいる家庭を目の当たりにすることを避けていました。

しかし、お世話になっている先輩の招待となれば、行かなければならない・・・。

乗り気はしませんでしたが、行くことにしました。

 

私は「子どもについては聞かれるだろう」と想定し、気を引き締めて挑みました。

 

道中、私は旦那に「子どものこととか、聞かれるよね・・・」と不安な気持ちを口にしました。

 

 

しかし旦那は、「そんな、みんながみんな子どものこと聞くわけじゃないからさ、大丈夫じゃない?」と言いました。

 

そうかもしれない・・・私はそればかり想定しすぎなのかもしれない・・・。

もしかしたら、楽しい時間を過ごせるかもしれない!

 

私は気持ちを切り替え、向かうことにしました。

 

先輩のお宅に到着し、軽く挨拶を済ませ、

旦那は先輩の子どもと遊び始め、私はご飯の支度を手伝い始めました。

 

 

奥さんの横に立ち、料理の支度をお手伝いしていると・・・

 

 

「子どもはまだ?」

と、いきなりの質問・・・。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてSAKURAさんの最新記事をチェック!

 - 不妊治療, 妊娠したい, 旦那 ,




 - 不妊治療, 妊娠したい, 旦那 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/