子連れでカギ財布携帯を忘れたオレを見る妻の目が怖い…「子連れ一文無しの悲哀⑩」

   

カラスヤサトシ先生「オレは子をみて育とうと思う」絶賛連載中!

子連れでカギ携帯財布を忘れたオレを見る妻の目が怖い

前回のお話はコチラ⇒妻登場!鬼の形相で凄まれる夫だけれど…??「子連れ一文無しの悲哀⑨」

時刻はとっくに8時を過ぎ

「いやー、こんな夜の遊園地はじめてだったよねー。」

娘りーちゃん「ねー。」

妻「・・・。」

義母「さて、遅くなったし・・・どうします?晩ご飯、外で食べて帰ります?」

娘りーちゃん「やたー!たべるー!」

妻「えっ、あー・・・。」

「・・・。」

決定権がないので流れにまかせる。

店に入るも、その後何か発言するたび、じっと見ている妻の目が怖い。

圧を感じる。

「えと・・・じゃーカレーライスを・・・。」

義母「飲み物も頼んだら・・・。」

「あっ、じゃーはい・・・。」

義母「ビールはいかがです?疲れたでしょう。」

「えっ、じゃあ、はい・・・。」

妻「・・・。」

つづく

関連記事
誕生日にグアム旅行!入念な準備の末…【プロポーズ大失敗物語~ねぇいつになったら言うの①】 by めい


⇒この話を最初から読む
「オレは子をみて育とうと思う」をもっと読む
+

 - オレは子を見て育とうと思う, 旦那 ,




 - オレは子を見て育とうと思う, 旦那 ,


  関連記事