妻からは無言で凄まれ悲哀を思い知った一日…「子連れ一文無しの悲哀⑪」

   

カラスヤサトシ先生「オレは子をみて育とうと思う」絶賛連載中!

カギを忘れた自分を見る妻の目が怖い。
家のカギも携帯も財布すら忘れた父子ふたり。
ついにカギを持つ妻と出会えた。

前回のお話はコチラ⇒子連れでカギ財布携帯を忘れたオレを見る妻の目が怖い…「子連れ一文無しの悲哀⑩」

パパ「でも、今日いちばんえらかったのはりーちゃん(娘)だねー。泣かなかったもんねー。」

りーちゃん「うん!」

妻「・・・。」

パパ「(うー、なんだその目は、妻よ・・・)なんだ?結果的に何事もなかったんだからいいだろもう!」

妻「あったっつーの!仕事に差障ってクソ迷惑だったんだよ。」

パパ「ああ・・・ごめん・・・。」

りーちゃん「あれ、もーいっかいのりたい!」

妻「ダメ!もーおそいよ。帰るよ!」

義母「まーまー、今日はしかたないでしょ。2人で乗ってきなさい。はい!」

パパ「あっ、ありがとうございます!」

妻「・・・。」

子連れ一文無しの悲哀を思い知った初夏の一日。


⇒この話を最初から読む
「オレは子をみて育とうと思う」をもっと読む
+

 - オレは子を見て育とうと思う, 旦那




 - オレは子を見て育とうと思う, 旦那


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。