外出への恐怖から加速していく孤独感「お気楽ぼっちマタニティ~パニック障害を乗り越えて~」

   

okiraku03_07

私はパニック障害の事は、友人や知人には隠していました。

友達の中では元気な私でありたい。

そんな見栄もあってか、周りには隠していました。

「そろそろ遊びにくれば?みんなで集まろうよ!」

と誘われても

「遠いからなかなかねー。落ち着いたら帰るよー」

と断っていました。

「電車に乗れないとか聞かされても、

「は?」となるよね・・・

きっと遠出が面倒な出不精だと思われてるかも・・」

地元から遠方に離れ、人に会いたくなった頃にパニック障害。

外出への恐怖は、ぼっちを加速していくばかりでした。


「お気楽ぼっちマタニティ~パニック障害を乗り越えて~」を読む
+
すくパラぷらすを読むtit-main

 - パニックちゃんと私, パニック障害 ,




 - パニックちゃんと私, パニック障害 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。