ナメてた出産!畳み掛けるように襲いかかる刺客に困惑【静かな地獄の出産レポ④】 by リコロコ

 - 出産, 妊娠, 子育て, 陣痛 , ,

   

こんにちは!

3人のママの傍ら、育児漫画を描いているリコロコです。

前回は、陣痛を待つ私の隣のベットにいた妊婦さんの、感動的な出産話をお届けしましたが、今回はまた私の出産に話を戻させていただきます。

 

 

【破水から一晩】

陣痛がくる気配はありませんでした。

すでに破水もしていますので、陣痛を促す第一ステップへと進みます。

昨夜、お隣の絶叫妊婦さんになかなかのイメトレをして頂いたので、心の準備はおk。

あとは産むだけ!

一晩焦らされているだけあって、ワクワク感の方が優勢でした。

 

 

私が受けた処置は「バルーン」という子宮口を広げる器具を挿入して人工的に子宮口を広げるという処置。

 

 

 

 

これが子宮を刺激して陣痛につながったり、スムーズに子宮口が開きお産を進めることができるそう。

 

このバルーン、個人差はありますが結構痛かったです。

地味にイタイ。

 

【挿入後しばらくして…】

少しずつ痛みがきました。

生理痛のような重く響くような痛み。

お腹につけているNST装置がモニターされていて、お腹の張りに合わせて数字が上がります。

隣にいる旦那にも、今張っている、痛みがきているのが見て取れるので、2人でワイワイ騒ぎながら

「これが陣痛!?ラッキー!私耐えられる!」

なんてナメたこと考えてました。

 

あれよあれよという間に子宮口も開き、あまり痛みも感じないまま子宮口は4センチ。

挟まっていたバルーンは4センチまで子宮口が開くと勝手に外れる仕組み。お昼頃にはバルーンが外れました。

 

【そしてステップ2!】

ここから一気にお産を進めるために、点滴から陣痛促進剤の投与が開始されました。

ここまできたらもう引き下がれない!

もうこの出産はレールにのってゴールまで一直線だ!

 

 

バルーンを入れた時に起こった陣痛の雰囲気から、なんとなく陣痛というものを感じた私は、この痛みの延長なら耐えられる!

昨日のお隣さんのようには叫ばないでイケル!

そう確信しました!

 

【1時間後…】

ナニコレナニコレ

ウソウソウソウソ

シャレニナンナイッテ

 

促進剤投与から1時間後には3分おきくらいにくるマジの陣痛。

もうどの言葉をチョイスしたら的確に伝わるか分かりませんが

とにかく

クソ痛い

分かる人にはわかる、陣痛、痛いっスヨネー

 

とにかくとにかく痛くて、旦那に背中をさすってもらったり、お尻を押してもらったりとなんとか痛みに耐えていたました。

(ソフロロジー法でしたので深呼吸ダイジ☆)

 

ですが陣痛。

産まれるまではずっと終わらないのが陣痛。

とにかく3分おきにこの痛みに耐えるしかありません。

旦那は協力的で、常に私とモニターをチェックして、数値が上がってくると立ち上がりお尻を押す。

数値が下がると腕を休め、また上がると押すの繰り返し。

 

 

 

促進剤のせいか、間隔は2、3分で一定。

この時私は

「これ、1人で耐えてたお隣の妊婦さん…すごかったな!!!」

と尊敬の意でいっぱい。

一晩中、この痛みをたった1人で耐えていた彼女は、それはそれは心細く辛く長い闘いだったろうに…

私には旦那が隣にいて、旦那のお尻を押す手が痛みを和らげてくれて、昼間なので助産師さんもたくさんいて…

まだ恵まれている!

 

 

 

そんな敬意とともに「もう誰か殺してくれないかなー」と言う思いに達した、忘れもしない午後3時半の出来事。

 

【選ばれた私の出産】

突然、4人の女性が部屋に入ってきました。

そして、年長らしい看護師さんが何やら私と旦那に話しかけてきます。痛みで意識も朦朧として、昨夜も一睡もしてない日の夕方、陣痛マックスの状態でよくわからないまま頷いていたら…

 

 

 

若々しく初々しい看護師さんを3人、部屋に残して帰っていった。

そう…

彼女達は看護師の卵の研修生

単位の一環で、助産師を体験しなければならず、その被験者して私の出産が選ばれたのです。

 

長くなってしまったので、花の3人組とこの後の出産のお話はまた次回に。

今思えばこの受け入れさえなければ、長女の誕生日は1日早くなってたかもしれません…

破水から24時間経ちました。

そろそろ出て来てベイビーちゃん☆

 

次回に続きます。

◆前回のお話はこちらから

~静かな地獄の出産レポ~

★第1話 妊婦健診後に破水!出産までの45時間

★第2話 破水からの入院!すぐに来る思っていた陣痛が待てど暮らせどやってこない!

★第3話 隣の絶叫妊婦さん!怯え続けた陣痛室

 

 

~1歳6ヶ月健診でひっかかった!余裕こいてた3人目~

健診前に感じた妙な胸騒ぎ【1歳6ヶ月健診でひっかかった!余裕こいてた3人目①】

ため息をつく保健師さん。その原因は…【1歳6ヶ月健診で引っかかった!余裕こいてた3人目②】

指差しできない原因。心当たりのある3兄弟あるある…【1歳6ヶ月健診で引っかかった!余裕こいてた3人目③】

「心配ない」とは言ったけど…考えされられた1歳6ヶ月健診【1歳6ヶ月健診で引っかかった!余裕こいてた3人目④】


⇒作者:リコロコさん
リコロコさんの記事はこちらから
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

関連記事
愛いっぱいのお子さまに癒されるママ続出!インスタグラマー「きたあかり」さん



 - 出産, 妊娠, 子育て, 陣痛 , ,


  関連記事

 - 出産, 妊娠, 子育て, 陣痛 , ,