幼少期の習い事には事件がいっぱい… ~大人の発達障害だった兄~【兄の習い事②】 by マル

   

大人の発達障害(アスペルガー、ADHD)だった兄。

幼少期は「変わった子」で通っていた兄。

いま振り返ってみると、これは特性だったんだろうな。と思うことがよくあります。

失敗した習い事についてを前回書いてみましたが、今回は送迎についてを書いていきたいと思います。

 

【母は知らないけれど…私が覚えている事】

送迎といっても、スイミングはバスが来てくれていましたし、そろばん、空手、野球は近所だったため、1人で行っていたので、母は全くと言っていいほど送迎はしていません。

 

なので、母はあまり知らないのですが…。

私は強烈に覚えています。

そう、同じそろばん教室だったので…。

 

 

そろばん教室は自宅から徒歩5分。

でも坂道の上にありました。

 

お…恐ろしすぎる!!!

 

私も恐怖を感じ、自転車で行ってることを母に告げ口したりしました。

でも、兄は私と違う時間帯を狙って、そろばん教室に行きます。

 

これは平成の始め頃のお話です。

こんな自転車ありましたねーー。

流行ってたんですよね。この自転車。

でも、使い方も間違えれば凶器!!

加減のわからない兄はギアチェンしまくります。

 

あっという間に大破!!

誰かにぶつからなくてよかったけど!!本当に危なすぎる!!

 

 

 

 

もちろん、母にはこってりしぼられます。

しかし、野球の練習試合など、田舎なので自転車は必須。

 

しばらくして買ってもらえたのだけれど…

 

【繰り返し…】

 

ADHDの特性でもある、注意散漫なため鍵をすぐになくします。

 

このままでは自転車に乗れないので、兄は考えます。

 

重たい工具箱を持って、そろばん教室の前で何やら始めます。

「鍵をあける」という目的にしか注意がいっていないので、鍵を壊してしまい、そして鍵のないまま乗っていたのです。

 

そりゃとられてしまうわ…。

今はペンチでは切れないものがほとんどですが、昔はチェーンにビニールが巻いてあるだけだったので、ペンチで切れました。

いま考えると、その発想力がすごい!!

まぁ、母は怒ってましたが…。

 

【ちなみにこの時の私の気持ちは…】

 

 

 

でっかい工具箱を持って駐輪場でなにやら、始めるから人だかり。

他人のふりしました(笑)

 

まぁ、子ども時代、こんな子いたわぁ。

むしろ自分がそうだった!という人もいるかもしれません。

だから発達障害ってことはないんですけど、

鍵をよくなくす、

好きなことをすると周りが全く見えない、

などは今現在も子どもの頃と全く変わりません。

 

 

今回は習い事と随分かけ離れてしまいましたね…

次回は兄の特性に合っていた習い事を書きたいと思います。

 


◆今までのお話はこちら

~兄の習い事~

★第1話 子ども時代、兄に合わなかった習い事 ~大人の発達障害だった兄~


⇒作者:マルさん
マルさんの記事一覧はこちらから
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

 - トラブル, 子育て, 発達障害, 習い事 ,




 - トラブル, 子育て, 発達障害, 習い事 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。