兄の特性に合っていた習い事~大人の発達障害だった兄~【兄の習い事③】 by マル

 - トラブル, 子育て, 男の子, 発達障害, 習い事 ,

   

みなさんこんにちは。

兄の子ども時代の習い事についてを

いま書かせてもらっていますが、

兄(40歳、アスペルガー、ADHD)は

今思えば、習い事に特性がとてもわかりやすく出ていました。

集団行動が苦手な兄、野球は向いておらず、戦力外。つまらなくなり辞めてしまいます。

→前々回

生まれてくる時に運動神経忘れちゃったんですよね。

 

まぁ、私も運動神経は忘れてきちゃったので、我が家には元々入ってなかったのかもしれませんね~!!

 

 

【しかし、兄の特性に合った習い事がありました】

そう、それは前回にも書いた、事件を起こしまくっていた、そろばん教室!

 

なんだぁ~と思う方もいると思いますが、

それは兄の特性ととても大きく関わっていたのです。

 

兄は幼い頃から、バーコードなど羅列された数字や食品成分表が大好き。

店の商品片っ端からひっくり返して眺めていました。

 

そんな奇妙な行動が私は苦手でならなかったのですが、文字が理解できない幼い頃から、規則正しく並んだ数字は兄の落ち着くものだったようです。

 

そろばん教室は静かで(ザワザワしているのは苦手)数字が規則正しく並んでいる!

 

兄は、すぐにそろばんが好きになります。

 

 

【親の思い通りにはいかなかったけれど…】

結局、ゲームがやりたいがために3級で辞めてしまった(母に3級までは取るよう言われていた)のですが、兄は暗算がとても得意になります。

色々習ったのも、いい経験だったと思うので、これはこれでよかったと思いますが、なかなか親の思い通りにはいかないもんですね。

 

これは私も母になってしみじみ思います…。

 

 

 

みんなが脱落していく中、兄はいつも答えていました。

アスペルガーの人は短期記憶を苦手としますが、兄はそろばんに限っては数字を覚えておくことができました。

 

やっぱり数字が好きなようです。

そして大人になり、発達障害と診断され、兄はとある特技を発揮します。

つづく

 


◆今までのお話はこちら

【兄の習い事~大人の発達障害だった兄~】

★第1話 子ども時代、兄に合わなかった習い事

★第2話 幼少期の習い事には事件がいっぱい…

 


⇒作者:マルさん
マルさんの記事一覧はこちらから
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

関連記事
幼少期の習い事には事件がいっぱい… ~大人の発達障害だった兄~【兄の習い事②】 by マル



 - トラブル, 子育て, 男の子, 発達障害, 習い事 ,


  関連記事

 - トラブル, 子育て, 男の子, 発達障害, 習い事 ,