息子のADHD発覚経緯①by 鈴木セリーナ

 - 子育て, 幼児, 男の子, 発達障害

   

近年、「自分はADHDだから」とか「○○さんはADHDだから」と言うかたをお見かけする機会が増えました。
私はテレビ、ニュース、ネットニュースを見ないのですが、あれはメディアの報道によって、ADHDが身近になっているということなのでしょうかね。

息子がADHDの診断を受けたのは、彼が16歳を過ぎてからのことでした

ある日、学校の先生から電話があり、
「お伺いしづらいのですが…。トムくんは小さい頃、普通の子と同じペースで成長していましたか?たとえば、笑ったり、表情が出てくるのが遅かったとか、喋り出すタイミングが遅かったとか、そういうことはありませんでしたか?」
と言うので、
「発達障害とかそういう話ですかね?」
と聞くと、
「はい。大変申し上げづらいのですが、そう感じる面が多々ありまして」
先生の言葉に、すんなり
「そうですよね。医者じゃないのでわかりかねますが多分、そうだと思います」
という会話がきっかけでした。
すんなり認めた母に先生も半ば驚いておりました。
でも私は誰よりも息子の発達障害を疑っておりました。
まず赤ちゃんの頃

寝る時間が異常に長かった。


ほとんど起きていなかったように思います。

あまり笑わない
おもちゃを見て喜ぶこともなく

以前紹介した、故ミリちゃんに反則技サミングをかけるときもノヅラ


集中しているからおとなしい

おもちゃを出して遊ぶのではなく、おもちゃを片付けるほうが好きでした。
これは1歳ぐらいの写真ですが、2歳になるとおもちゃを綺麗にズラーーっと、ピッシャーっと並べ、ご慢心の様子でした。

私の実家の庭で、母である鈴木セリーナは走り回りましたが

息子は

黙々と水撒きをしており、走りまわることは一度もありませんでした。

幼稚園受験の際は、面接で
「お名前なんですか?」
と聞かれ、この時(息子 初めての留学受験より)のように硬直し

赤、青など、色の判断も、右左の判断もできませんでした。

入園式でも、1人だけ抱っこされたまま…。
入園後も年少組の1年は、おしゃぶり、おむつと、赤ちゃんそのものという格好で登園し、
毎日ミリのぬいぐるみをお供に従えておりました。

幼稚園の先生が朝、バスのお迎えの際「ミリは置いて行こうねー」と言ってミリをひっぺがした時には、周りも騒然とするほど号泣しておりました。
あんなに泣いている息子を見ることは後にも先にもありません。

幼稚園の先生が頑張ってトイレトレーニングに励むも、結局、年中組の最後までオムツとおさらばできませんでした。
その頃までは言葉も単語以外ほとんど覚えず、名前を呼べばこっちへ来ましたが、息子から話しかけてくることは無く、こちらの会話を理解している様子もなく、5歳になった頃、ようやく単語を喋りはじめ、それから一気に文章を喋りだしましたが、他の子に比べると口数は少ないし、読み書きはできませんでした。

鈴木セリーナは、そんな息子の症状が気にならなかったのか?

続く

【プロフィール】

鈴木セリーナ

大分県出身。田舎のお嬢様として育てられるが、15歳でドロップアウト、17歳で妊娠、18歳で出産。

20歳で上京しチャンスをつかみ、ヤンキーママからセレブママへ。

最近になって息子がADHDであることを知った。

著書「元銀座No.1ホステスのおじさん取扱説明書」

元銀座No.1ホステスが教える おじさん取扱説明書 元銀座No.1ホステスが教える おじさん取扱説明書1,404円

Amazon

アラサー女性人気ナンバーワンウェブマガジンMINEにて「おじさん取り扱い講座」連載中。

作家、作詞、楽曲プロデュースを行うマルチクリエイティブプロデューサー

 

・鈴木セリーナの出演依頼、執筆依頼はこちら↓↓
https://www.appleribbon.jp/contact/
*ブログ本文についてのお問い合わせは、こちらのURLではお受けしかねます。

 

・鈴木セリーナプロデュース
PTAやママ会!ここぞというときのブランド服レンタルサービス!

 

わたしすてきなクローゼット

Instagramアカウント始めました!

Instagram

 

関連記事
2男1女に父と母。さやかわ家の家族紹介「母ときどき鬼」第1話①by さやかわさやこ



 - 子育て, 幼児, 男の子, 発達障害


  関連記事

 - 子育て, 幼児, 男の子, 発達障害