切迫早産で2ヶ月絶対安静だったのに、退院後は先生の指示が一転?!【高齢出産なめてました。体力不足で色々と限界になった話①】 by 宝田くま子



 - トラブル, ママ, 妊娠 ,

   

 

こんにちは、高齢出産ママの宝田くま子と申します。

1歳2ヶ月のムチムチボディー息子「たかぷー」の育児漫画を、Instagramamebaブログで描いています。

 

 

わたくし、宝田くま子は現在43歳なのですが、今から5年前の38歳の時に、一度流産を経験していて、子宝をあきらめていた時期がありました。

 

しかし幸運なことに、42歳の時にまた子宝チャンスが訪れてくれまして、妊娠高血圧になったり、妊娠糖尿病になったり、切迫早産で2度にわたり入院したりもしましたが、結果、かなり大きめの男の子を無事出産することができました。

 

本当に奇跡の連続で、いろんな人に助けられながらも、子宝に恵まれたことを、心から感謝しています。

 

今回は、そんなことを踏まえまして、出産に焦点をあてたお話を描いていこうと思います。

 

【絶対安静の入院生活】

 

 

 

切迫早産のため、37週まで約2ヶ月間入院していた私。

 

絶対安静の入院だったため、トイレ以外は動くことができず、シャワーも週に1回か2回程度のみで、時間を決められた生活をしていました。

 

毎日毎日やることもなく、ただ時間が過ぎるのを待つという、とても退屈な日々。

時間があるということは、余計なことももちろん考えてしまうわけで、不安になったり、よからぬことを考えては落ち込んだり、一人で泣いて過ごした夜も何日もあります。

 

 

 

 

でも、おなかの中の赤ちゃんが、1日でも長くお腹に留まってもらうためには必要なこと。

どうか健康で無事に生まれてきてほしい、という一心で、この退屈な入院生活を乗り越えたように思います。

 

 

【すぐに産まれる!と思っていたのに…】

そしていよいよ、38週に突入。

待ちに待った、「正産期」になりました!

 

やっと、産める!やっと家に帰れる!

 

 

 

先生からも、「赤ちゃんの大きさも3.000g以上あるから大丈夫!」「張り止めの点滴もやめたから、すぐに産まれると思うよ」と言われ、もう気持ちは今夜にでも出産!

 

産まれる前に、家でゆっくり過ごしたい!長いこと会えていなかった愛犬とたくさん遊びたい!病院食じゃない普通のゴハンが食べたい!

と、いろんな思いを張り巡らせて帰宅したのですが・・・・

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

関連記事
私はまさに・・・そう・・・『崖の下のデブ』だった【妊娠中の体重管理②】by 白目向き子

ページ: 1 2




 - トラブル, ママ, 妊娠 ,


  関連記事

 - トラブル, ママ, 妊娠 ,