過保護な姑の『お世話欲』に苦しめられて・・【嫁姑戦争を見て育ったために、自分も姑と仲良くできなかった話②】 by 白目みさえ

固定ページ: 1 2

   

◆姑の 暴走内容 やってくれたこと

・旦那が仕事の日はほぼ毎日来る(来れない日は「行けなくてごめん」と連絡アリ)

・妊婦健診は毎回同伴(送迎付き)

・引っ越し荷物の荷ほどきをさせてくれない(姑が片づけてくれる)

・散歩に行こうとすると「何かあったらいけないから」とついてきてくれる(家の周りでも)

・買い物に行かせてくれない(送迎もしくは姑が代理に・コンビニも不可)

・掃除させてくれない(掃除用具持参で来る)

・ゴミを持って帰る(ゴミ袋が有料なため)

・洗濯物をたたんでくれる(パンツももれなく)

 

もう、なーんもせんでいい。実際そう言われました。

ちなみにこれは出産後も続きます。

退院してからも姑は「お世話欲」をさく裂し続けてくれていたのです。

姑は本当に100%善意だったと思います。

多少…いや…まあまあありがた迷惑なところもありましたけど(笑)

嫁や孫を大切にしようと思ってくれていたはず。

でも、そのとき魔女の呪いが発動したのです。

私の頭の中にこんな声が響きはじめました…。

 

「お前はダメなやつだ」

「人に頼らなきゃなにもできない」

「周りは面倒がっている」

「姑に手伝いをさせるなんてダメな嫁だ」

「女しか生んでないのにエラそうに」

 

私が記憶もないころに聞いていた言葉なのか

魔女が言いそうなことを私が捏造していたのかはわかりません。

もちろん実際には姑はこんなこと言っていません。

でも姑が来てなにかをするたびに、頭の中にこんな声が聞こえる気がするのです。

姑が来るとこうなるので、私はもう姑に来て欲しくないと思いました。

少しくらい大変でも、自分でするほうがマシだと。

 

でも、そうするとまた…ちがう声がこう言うのです。

「やってもらって感謝もできないのか」

もう八方ふさがりですよね。

 

【それから私は間違った方向に…】

子どもが寝たから寝たい気持ちはあっても…

姑が来るまでに部屋を片付けておかないと、またあの声に責められる…

そう思いながら私は必死に家事をこなす日々を過ごしていました。

 

もはや子どものためでも姑のためでもありません。

遠く遠く離れて今はほとんど関わりのない魔女の呪いと

私はずっとずっと戦い続けていたのです…。

 

ところがある日―――

次回へ続く

 

白目みさえさんのお話をもっと読みたい方はこちらから
⇒インスタグラム misae_mon
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

固定ページ: 1 2

フォローして白目みさえさんの最新記事をチェック!

 - しくじり育児, じいじばあば , ,




 - しくじり育児, じいじばあば , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/