自閉症の子供と接する時に、頭に入れておきたい事。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 子育て, 自閉症

   

1

自閉症の子供との接し方

自閉症は先天的な脳機能障害で、多動・言葉の遅れ・強いこだわり・感覚過敏といった特徴が見られます。

自閉症の子供を持つお母さんは、「どうしてこの子は他の子みたいに言うことを聞かないんだろう」「どうしてこの子だけいつまでも大声で泣いているんだろう」と思い悩み、自分を追い込んでしまうことが多々あります。

他の子と同じように考えてはいけないことは分かっていても、どう接してよいのかわからず、辛い日々を過ごされているのではないでしょうか。

ここでは、そんなお母さんの毎日が少しでも楽になるように自閉症の子供との接し方をわかりやすくご紹介していきます。

■自閉症の世界を知る

まずは、自閉症の子供の世界を理解しましょう。とても参考になる動画があります。
『自閉症の子どもが見る世界』

私たちは普段、自分の周りのあらゆる情報を無意識に処理し、一番に注目すべきことを判別しています。ですが、自閉症の子供は違います。

自閉症の子供は、情報量が多いと注目すべきことがわからず、目移りしてパニックになってしまいます。言うことを聞かないのは、お母さんの声ではなく別のことに意識がいっているからです。彼らはいつも、目標の見えない混沌とした世界を不安とともに歩んでいるのです。
そんな子供たちに優しく手を差し伸べ、不安まみれの世界から救い出してあげましょう。

関連記事
【自閉症】息子の嘔吐は続くけれど…「2年生の夏休み④」 by moro

■分かりやすく何度も伝える

自閉症の子供は、多くの場合言葉の発達の遅れが見られます。
喋るだけでなく、言葉の意味を理解することも難しいです。加えて意識が逸れがちで、こちらの指示がなかなか伝わりません。
そこで、まずは短い言葉ではっきりと繰り返し伝えることを心がけましょう。

たとえば棚の上に登って降りて来ない時は、「怪我をするから」「壊れるから」といった理由は省いて、どうして欲しいかだけを明確に伝えます。「棚、登る、ダメ」などと一言一言をはっきりと発音するといいでしょう。
両手でバツのジェスチャーをすると、更に理解しやすくなります。

なかなか意思が伝わらないとつい感情的になりがちですが、怒鳴りつけるのは厳禁です。「お母さんを怒らせてしまった」という焦りだけに注意が向き、ますます指示が伝わらなくなってしまいます。

理解してくれるまで諦めず、穏やかな気持ちで何度も根気強く伝えるようにしてください。そして言うことが聞けた時は、目いっぱい褒めてあげましょう。

関連記事
【自閉症】2年かけて父が変わったこと「父親から見たこもたろ⑮」 by moro

■視覚に訴える

自閉症の子供は、耳よりも目からの情報の方が伝わりやすいといわれています。
よく使われるのが、絵カードです。「着替えをする」「歯磨きをする」といった日常の一コマを絵にして見せると、やってほしい行動がスムーズに伝わりやすくなります。絵カードはネットショップなどで買ってもいいし、子供の生活ペースに合わせてお母さんが制作してもいいでしょう。

絵カードをダウンロードできるサイトもありますので、参考になさってください。
『絵カードのおうち』
http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Mirai/9569/

また、ショッピングモールや習い事先など、よく行く特定の場所は写真に撮っていつでも見れるように置いておくことをおすすめします。

初めて行く場所は、あらかじめインターネットで画像を見せ怖くない場所だということを認識させれば、パニックを予防することが出来ます。

関連記事
ニコが悩むものは…プリン?!「わくworkニコタン」23話-⑦ニコタン髪を染める by 堀内三佳

■見通しを明確に

自閉症の子供は予定がわからないと不安になり、パニックになりがちです。
パニックを未然に防ぐためには、一日の予定をあらかじめしっかり把握させるといいでしょう。

そこでおすすめするのが、ホワイトボードを使った予定表です。
時間を書いたホワイトボードに絵カードで作ったマグネットを貼って、一日の流れを分かりやすく教えます。
例えば9時のところに幼稚園のマグネットを、12時のところにお昼ご飯のマグネットを、14時のところにお迎えのマグネットを貼るといった具合です。
時計が読めない場合は、文字やイラストで時間が分かるようにしましょう。

夜寝る前、朝起きてすぐ、という風に予定表を確認する時間を決めておくと、より安心に繋がります。

■ダメなことはきちんと注意する

自閉症の子供は見えている世界が私達と違うとはいえ、住んでいる世界は一緒です。
気持ちを理解することは大切ですが、社会で生きていくためのマナーだけは粘り強く教えましょう。
親として一番辛いのが、他人に噛みついたり叩いたりする他傷行為です。
感情のバランスが崩れた時も他傷行為にだけは走らないよう、これだけは厳しくはっきりと注意をしましょう。

関連記事
自閉症の子の日常って?大変ながらも笑顔あふれる日常生活マンガ 「moroの家族と、ハンドメイドと。」 

■それでもパニックになった時は

あらかじめ対処はしていても、それでも思いがけずパニックが起こることがあります。
匂い、音、場の雰囲気など、自閉症の子供を惑わせる要因は世の中に溢れていて、手の尽くしようがないこともあるのです。

そんな時はひたすら見守り、子供の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。とはいえ、公衆の面前で暴れる子供を傍観するのは、周りの視線を感じて辛いものですよね。

関連記事
ママをハートをぶち抜く!兄妹シンクロ指しゃぶり by ふち

■決して自分を責めない

どんな躾をしてるんだ、という周りからの心の声が否が応にも胸に刺さります。
けれども、決して自分を責めないでください。

あなたが悪いわけでも、子供が悪いわけでもありません。あなたの気持ちを分かってくれる人は、必ずどこかにいます。
穏やかな気持ちで、子供が泣き止むのを待ってあげてください。
そして子供が泣き止んだ時は、「それじゃあ行こう」と優しく手を握りしめてあげましょう。
大事なのは、どうしてあの時パニックになったのかを後々考えることです。対処法を練れば、次回はあらかじめパニックを防ぐことが出来るでしょう。

自閉症の子供の言動は不可思議でも、必ず理由があります。
その理由を知り、その子に合った接し方を見つけましょう。

とても根気のいることですが、努力を重ねれば驚くほどに毎日が楽になることもあります。大事なのは、お母さんが何もかもを一人で背負い込まないようにすることです。

専門機関に相談したり、同じような境遇のママ友と話をしたり、美味しいお菓子を食べたりして、時には息抜きをするよう心がけましょう。


「自閉症くんの母、やってます]
を読む!

+

★すくパラ事務局さんへの応援コメント待ってます!抽選で500円進呈!
★空メールでメルマガ登録!すくパラ事務局さんの最新情報をGET! ◆前の記事:
◆次の記事:

 - 子育て, 自閉症





 - 子育て, 自閉症



  関連記事

たまには必要な日「ぐっちゃんのいえ」第2話-きゃほーい♪ママのひとり銭湯⑤ by chiiko

chiikoさんの新連載!「ぐっちゃんのいえ」絶賛連載中! 作者:chiikoさ ...

娘の入園を機に少しずつ変わっていった私達の考え【転勤妻(人見知り)は辛いよpart8】 by チッチママ

皆様こんにちは、チッチママです。 新学期がスタートしましたね! 新しい生活に、ま ...

1人でちゃんといけるかな?新一年生になる娘の通学路が心配で…「最終回-入学式④」by カラスヤサトシ

カラスヤサトシ先生「オレは子をみて育とうと思う」絶賛連載中! ⇒この話を最初から ...

子供と一緒に結婚式へ参列!帰宅後、旦那が娘に…?! by ようみん

旦那の友人の結婚式に 行ってきました\(^o^)/ 結婚式 めっちゃ暑い日だった ...

「どんまい、私。」ママが自分をなぐさめた瞬間 by ほい

お片付けに限らず、食事の時でも昨日は手づかみで食べられていたのに、今日はできなか ...

 - 子育て, 自閉症