家族の運命を変える出会い【コロナ禍の単身赴任とマンション購入②】 by おかゆ

ページ: 1 2

   

お久しぶりです。おかゆです。

 

今回はコロナ禍真っ最中に新潟に転勤・単身赴任が決まった夫と、夫を取り巻く環境なんかについて話していこうと思います。

◆前回のお話

喜びもつかの間、夫の言葉に戦慄が走る…!【コロナ禍の単身赴任とマンション購入①】

 

 

【埼玉への帰宅について】

 

なんとか引越し作業を終えて、新潟に住み始めた夫。

まだ雪の降る中のこと。34年間ずっと関東で暮らしていた夫には、寒さが堪える時期でもありました。

また、(その業種にしては)若くして昇進をしたため、部下が年上の方ばかりでちょっとやりにくさを感じていたようで…。

普段は明るく元気で面白いパパですが、夫婦二人でいるときには愚痴をこぼすこともありました。

 

 

私と娘が住むアパート(埼玉県)から夫が住む家までは、新幹線を利用して約1時間半くらいかかるのですが、夫は定期的に連休を入れて(月1回くらい)帰ってきてくれました。

 

ですが問題が。

コロナが流行ってきて、夫の職場の方数人が、夫が感染者の多い埼玉県の自宅へ帰ること(しかも新幹線を利用して)を良く思わなかったのです。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - 住まい, 旦那 ,




 - 住まい, 旦那 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。