不妊の原因が判明!いくら妊活しても意味がなかったそのわけは…【私の不妊治療⑤】 by SAKURA

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【私の不妊治療】シリーズ一覧

 

前回の続きです。

旦那不在で通い始めた不妊治療。

 

 

検査の結果…

 

 

排卵していないことが判明しました。

先生から詳しい説明があり、私は

「多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)」だとわかりました。

多嚢胞性卵巣症候群とは、卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患で、未発達の卵胞がたくさんできて卵巣の外側に1列に並び、なかなかそれ以上大きくならないことが特徴です。

 

『聖マリアンナ医科大学病院生殖医療センター』『“多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)”』『https://www.marianna‐u.ac.jp/hospital/reproduction/feature/case/case03.html』2022/3/16参考)

 

 

つまり私の卵巣には、正常な卵が一つもない状態だったのです。

卵がなければ、排卵もない。

いくら妊活をしても意味がなかったのです。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてSAKURAさんの最新記事をチェック!

 - 不妊治療, 妊娠したい, 旦那 ,




 - 不妊治療, 妊娠したい, 旦那 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/