大腸カメラ検査直前!容態が悪いのに声がかけづらい看護師【下血から始まった一大事⑤】 by 林山キネマ

ページ: 1 2

   

こんにちは!林山キネマです。

 

ふだんは当たり前のように思っていた「健康」な状態!失ってからありがたさに気が付きました。

今回のシリーズは『健康』について書いています。

私のヒェッとなった体験です。どうぞお付き合いください。

 

☆下血から始まった一大事

の続きです

 

前回は…大腸の内視鏡検査を受けることになり、『前日までの準備』と『当日の検査前の様子』を書きました。

 

なかなか検査許可が下りない!

 

たくさんの下剤を飲まなくてはいけなくて、とても苦労しました。追加で飲んでも、なかなか検査の許可が下りる状態になれませんでした。

これでは検査に進めません。

 

 

私のあとから準備していた人は、次々と許可が下りて大腸の内視鏡検査を受けていきます。

つらいよ~、苦しいよー!

 

とうとう一番最後になり、看護師さんが様子を見に来て「ギリギリこれでいいか」という状態になったのです。

午前中に病院にきたのに、夕方近くに検査をすることになりました。

しかし、検査を受けようと仕度を始めた時…私の体は…

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローして林山キネマさんの最新記事をチェック!

 - ママ, 病気 , ,




 - ママ, 病気 , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/