アンケートを書いたら帰れると思いきや…気付いてしまった『恐ろしい事実』【金持ちママの秘密 Vol 3】 by あこ

ページ: 1 2 3

   

金持ちママの秘密Vol3

前回のお話はこちらから

1話から読む

 

前回のあらすじ

N子さんに無理やり連れてこられた場所は、なんと

ねずみ講のセミナー会場

でした。

一通り説明を聞いた私は、意を決して

「これ、ねずみ講だよ。」

とN子さんに告げます。するとN子さんは…

 

※ホラーコンテンツが含まれます。苦手な方はお戻り下さい。

 

 

 

 

本編始まります↓

「ねずみ講」というワードを耳にした瞬間、N子さんの表情は一変しました。

そして嘲笑と侮蔑が混じった声でこう言い放ったのです。

「あなたは凡人なの?」─恐らくこう問いかけることで、相手の自尊心やプライドをうまく操作したいのだと思います。

「そんな事ないよ!一緒に頑張ろう!」となるのを狙っているのでしょうか…。

しかしこちらとしては凡人でもニンジンでも結構です。

とにかく一秒でも早く、この場を離れたいのですから。

「あなたは他の人とは違うと思ったのに」

「あなたは頭が良いと思ったのに」

 

これも先述と同様、マニュアルの一つと思われます。

こう言われて、

「そうだ!私は人とは違う!」

となるかどうかは甚だ疑問ではありますが…

 

「とにかく帰る!」

と言い張る私に、N子さんは苛立ちを隠しません。

 

「あなたが帰ると皆に迷惑がかかる」

「私の尊敬している方(Vol2:ヤキソバ男)の顔に泥を塗ってしまう」

怒ったり、人の良心に訴えかけてみたり…

 

本当にありとあらゆる手段で、

行く手を阻もうとします。

 

「じゃあせめて(人に迷惑をかけて帰るんだから)アンケートくらい書いてよね」

─とうとう諦めたのか、N子さんに一枚のアンケート用紙を手渡されました。

(アンケートを書いて解放されるならいいか…)

用意されていたボールペンで、書き込もうとしたその時─

私はある恐ろしい事に気が付いてしまったのです。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2 3

フォローしてあこさんの最新記事をチェック!

 - しくじり育児, ママ, ママ友, 幼稚園 ,




 - しくじり育児, ママ, ママ友, 幼稚園 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/