専業主婦だから旦那に負担はかけられない。ワンオペ育児を続ける私に旦那が…【公園恐怖症になりました。⑥】 by 樋口みみ(みみママ)

ページ: 1 2 3

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台湾は本当に親日家の方が多くて、親切な方がとても多く、日本人には比較的住みやすい国だと思います。ただ、意思表示は日本人よりハッキリしているかもしれません(これは外国共通だと思いますが)。

久しぶりにそんな温かさに触れて、なんだか安心したんです。

 

そして、うちのダンナですが

元々姉2人の子供達を赤ちゃんの時からずっとベビーシッターしており、すでに子供の扱いに慣れている+元々の性格もあり、(?)公園に行くと何故かいつも子供達が集まってくるタイプなんです。

そんな彼なので、ワンオペも結構そつなくこなしてしまうタイプで😇

私の悩みは彼には理解しづらいようですが、だったら「1人で公園連れていかなきゃいいじゃん」と。

安全確保出来ないなら連れていかない。その通りだと思います。

 

日中三男の日光浴のためとか、

昼間運動しないと睡眠障害のある次男の夜に響くとか、

何より1番大きかったのは

自分は専業主婦なのに、昼間働いてるダンナに負担をかけたくない、

という気持ちが大きくて、なんとか1人で連れて行こうとしていました。

 

そんな思いでいた私にダンナがかけた言葉とは…。

 

次回、最終回です。

 

 

 

~第1話はこちらから~

 

 

すくパラNEWS公式YouTubeチャンネル毎日更新中!
チャンネル登録お願いします!

樋口みみさんのお話をもっと読みたい方はこちらから

⇒instagram @mimiwamama
⇒twitter 樋口みみ(みみママ)@台湾在住ママ
⇒blog みみ家の台湾的日常。

しくじり育児エピソード大募集!
しくじり育児

ページ: 1 2 3

フォローして樋口みみさんの最新記事をチェック!

 - ママ, 二人目以降, 公園, 国際結婚, 子育て, 旦那, 産後, 自閉症 ,




 - ママ, 二人目以降, 公園, 国際結婚, 子育て, 旦那, 産後, 自閉症 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/