言葉が遅れている子供をコップの水に例えると。「自閉症くんの母、やってます」

   

「自閉症くんの母、やってます」大好評連載中!

こどばの引き出し。
コップに水を入れ続けて溢れた時にことばが出てくるという例えを聞くが
こもたろの場合はそのコップのあらゆるところに穴が開いていて
水を入れても入れても増えていかないイメージ。

まず基礎となる部分に補強して
漏れていかないように
穴をしっかり埋めて

そこでやっと水を入れ始めた。
入れる水も様子を見ながら。

5


⇒「自閉症くんの母、やってます」をもっと読む

 - 生まれたのは自閉症くん, 男の子 ,




 - 生まれたのは自閉症くん, 男の子 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。