鼻炎気味の子をコロナだと決めつけるクラスメイト。周りを巻き込んで言い出したことは…【あなたの周りにはありませんか?コロナいじめ②】 by あこ

固定ページ: 1 2

   

あなたの周りにはありませんか?コロナいじめ②

前回のあらすじ

鼻炎持ちのK太君は小学三年生。
ある日、学校で鼻水が止まらなくなってしまい、早退してPCR検査を受けますが…

結果は陰性。
お母さんと共にホッとしました。

翌日は症状も落ち着いたので学校に行くと─

 

第1話はこちらから⇒【あなたの周りにはありませんか?コロナいじめ】

 

 

クラスのいじめっ子、G男君が

「お前コロナの癖に学校に来たのか⁉︎」

とK太君をなじります。

 

もちろん昨日のPCR検査の結果は陰性。

K太君は慌ててそのことを伝えますが、G男君は聞く耳を持ちません。

 

 

事もあろうかG男君は、「偽陰性もあるんだぞ。」とK太君に詰め寄ります。

※偽陰性とは、実際は陽性なのに検査で感染していないと判定が出るケースです。

 

しかしK太君は元々鼻炎があります。発熱もなく、咳などの症状も無いことから

かかりつけ医には「いつもの鼻炎でしょう」と診断されていました。

 

それでも教室内では、G男君が大きな声で騒ぎ続けます。

 

次第に周りのクラスメイト達も集まってきました。

中にはG男君の余りの勢いに、「どっちが正しいのか分からない」と言い出す女子も出てきました。

 

するとG男君は、更にとんでもないことを言い出したのです。

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

固定ページ: 1 2

フォローしてあこさんの最新記事をチェック!

 - トラブル, 小学生, 病気, 病気・トラブル , , ,




 - トラブル, 小学生, 病気, 病気・トラブル , , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/