保護者の影響でコロナいじめをしていた小3男子。先生が母親に連絡すると…【あなたの周りにはありませんか?コロナいじめ③】 by あこ

固定ページ: 1 2

   

あなたの周りにはありませんか?コロナいじめ③


前回のあらすじ

 

鼻炎持ちのK太君は小学三年生。
ある日、学校で鼻水が止まらなくなってしまい、早退してPCR検査を受けますが…

結果は陰性。
お母さんと共にホッとしました。

翌日は症状も落ち着いたので学校に行くと、いじめっ子G男君に

「コロ太」とあだ名をつけられ、はやし立てられてしまいます。

 

K太君の様子がおかしい事に気が付いたお母さんは、

すぐに学校で何があったか聞きました。

するとK太君は泣き出してしまい─

 

今までのお話はこちらから⇒【あなたの周りにはありませんか?コロナいじめ】

 

 

G男君にからかわれて「コロ太」とあだ名を付けられた事、

どんなに言っても陰性と信じてもらえなかった事、

クラスメイト達に笑われた事─

K太君は学校で起きた事を全て話しました。

 

子供と言えど

やってはいけない事や、言ってはいけない言葉が

あると思います。

 

特にK太君は、自分の名前をもじって笑われた事に

深く傷付いたそうです。

もちろん悪意をもって名字や名前をイジられるのは、誰だって嫌だと思います。

 

K太君のお母さんはそれを聞いて、すぐに学校に電話をかけました。

 

 

担任の先生に事情を説明しました。

 

 

幸いK太君の担任の先生は、話をよく聞いてくれるベテラン先生でした。

すぐに事態の重要さを理解し、G男君との個別面談の時間を取る事にしてくれましたが─

 

 

担任の先生とG男君の面談の日。

「今は世界中でコロナに苦しんでいる人がいる」

「誰がいつなってもおかしくない状況なのだから、

咳をしたりコロナになったり、そんな理由でいじめをすることは絶対に駄目」

先生はG男君にそう言って聞かせました。

 

小学三年生は、そういった事は十分理解できる年齢だと思います。

しかしG男君の返事は─

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

固定ページ: 1 2

フォローしてあこさんの最新記事をチェック!

 - トラブル, 小学生, 病気, 病気・トラブル ,




 - トラブル, 小学生, 病気, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/