日常のストレスで浅い呼吸になってませんか?!正しい呼吸法がお腹引き締めにも!【全身が上がるプリエボディエクササイズ③】

   

3児の母をミセス日本グランプリに導いた若返りエクササイズとは?③

こんにちは。ボディメイク講師の城山珂奈見です。

子育てをしていると、中々運動する余裕もありません。そんなことより目先にやるべきことが山積み!
そう、私もそうでした。いつの間にかお腹がたるんでいる自分にも慣れてそれがあたりまえになってしまう。
そんな子育てママに、1日1分でお腹が引き締まってくる簡単な呼吸エクササイズをお教えしたいと思います。

ストレスでいつの間にか浅い呼吸になってませんか?

普段、自分の呼吸を意識することはありますか?
人は呼吸をしないと生きていけないので、どんなときも無意識に呼吸をしています。 人はストレスがかかると、呼吸が浅くなります。
忙しい現代人は、日常的にストレスが多いので、知らず知らずのうちに呼吸が浅くなりがちです。
自分がどんな呼吸をしているか、チェックしてみましょう。
まず、仰向けに寝てください。胸とお腹に手を軽く置き、息を吸ったとき、胸とお腹が動くかどうかチェックしてみてください。胸だけが動く人は、胸だけで呼吸をしているので、呼吸が浅くなっています。

正しい姿勢で呼吸をするとそれだけでお腹引き締め効果がある!

正しい姿勢の人は、呼吸をしたとき、自然に胸もお腹も動きます。
姿勢がゆがんでいると、息を吸うときに横隔膜や肋骨をうまく動かすことができず、深い呼吸がしにくくなるのです。
人は1日に約2万回の呼吸をしているといわれます。正しい姿勢で呼吸をすると、それだけでお腹の引き締め効果があります。魅せるお腹を作るには、正しい姿勢で呼吸するのがポイントです。
次に紹介する2つの呼吸法をやってみると、ステップ①の胸式呼吸法で姿勢が整い、ステップ②の腹式呼吸でお腹が引き締められます。
 
運動経験の少ない人やエクササイズの時間など取れない人はまず呼吸のトレーニングをしましょう。正しい呼吸を体得すれば、お腹はもちろんですが代謝が上がり、部分痩せではなく全体も引き締まってきます。

1日1分それぞれ10~15回程度でできてしまうトレーニングです。
ぜひトライしてみてください。

ステップ①「胸式呼吸」→姿勢が整います。

息を吸い込みながら下部肋骨を横に広げるイメージで胸を膨らませます。
胸式呼吸は肋骨と背骨を柔らかくし、姿勢が整います。

① 両手を下の肋骨にあてて、鼻から息を吸った時に下の肋骨が横に広がっていくことを確認します。

② 口から息をはく時は広がった肋骨が自然と内側へ戻っていくことを確認します。

胸式呼吸法イメージ

胸式呼吸法を正しくできているかのチェック方法は?

お腹の上に本を置き、息を吸ったときに乗せた本を上に持ち上げるようにします。しっかりと横隔膜が使えていれば本は真上に持ち上がりますが、横隔膜が使えていない場合には本は真上に持ち上がりません。
これを繰り返すことで胸の骨の柔軟性がアップして良い姿勢作りにつながります。

胸式呼吸法チェック方法

ステップ②「腹式呼吸」→お腹やせに効果大!

お腹を膨らませたりへこませたりすることでインナーマッスルを鍛える呼吸法です。
鼻から息を吸ってお腹を膨らませ口からゆっくりとはきお腹を凹ませることによってお腹が引き締められます。

①鼻から息を吸ってお腹を膨らませます。

②ローソクの火を消すイメージで口からゆっくりと細く長く息をはいてお腹を凹ませます。

腹式呼吸法イメージ

お腹凹ませ効果のチェック方法

両方の腰骨から内側に指2本分、下側に2本分のところで触ることができます。正しくできているときにお腹を凹ませる効果のある「腹横筋」の収縮を感じることができます。

腹式呼吸法チェック方法

1日1分やってみるだけでも、効果が見えてきますよ。
次回は、姿勢タイプ別の全身が上がるエクササイズをお伝えしますね!

「3児の母をミセス日本グランプリに導いた若返りエクササイズとは」記事一覧

姿勢を直すだけで全身が「上がる」プリエボディエクササイズ
前回の記事「3児の母をミセス日本グランプリに導いた若返りエクササイズとは?①」を読む

■城山珂奈見フェイスブック
https://www.facebook.com/kanami.shiroyama?fref=ts

■城山珂奈見アメーバブログ
https://ameblo.jp/studiovivant/

■城山珂奈見プロフィール
・第8回ミセス日本グランプリ
・Plié body協会代表理事
・中京TV DEARDEA 第3期講師

 - ダイエット, 子育て




 - ダイエット, 子育て


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。