具体的な勉強方法【保育士試験一発合格への道③】 by ちゅいママ



 - 1歳児, ママ, 働くママ, 受験

   

さて、1歳の子供を育てながら合格率14%(当時)の保育士試験一発合格を目指し始めた私です。

 

前回の記事では、勉強を続けるにあたってモチベーションを保つための秘訣を書きましたが、

今回はより具体的な勉強方法について書いていきたいと思います。

興味ない人からしたら、誰が知りたいねんっていう話で申し訳ないですがお付き合いください。

 

合格体験談を読んでも案外具体的な勉強方法ってあんまり語られてなかったりするんですよね。

もちろんそれぞれに効率のいい勉強の仕方があると思うので

あくまで私一個人の話として聞いていただければと思います。

 

なんせ自分が今まで一度も勉強したことのない分野に挑んでいかないといけないので、

どこから手を付けたらいいのか分からないんですよね。

 

だから一番最初に何をしたかというと、まずは


1教科当たりの教科書を最初から最後まで読みました(え。普通・・・)。

 

その場で完璧に理解できていなくても気にせず、

だいたいざっくりと最初から最後まで読みます。

 

そして、読めたらすぐに実践に移ります。

 

とにかく過去問を解いていきます!!

 

少なくとも過去3年分はさかのぼって過去問を解いたのですが、

そりゃぁもう最初はチンプンカンプンですよ!!

教科書を読んだだけではまっっったく解けません。

 

でも、大丈夫。

 

そこから地道に、

問題文に書かれているところを教科書で重点的に読んで、

徹底的に覚えていきます。

 

え!?いたって普通のやり方じゃ!?と思われるかもしれませんが、

私がこれをおススメした理由があります。

ズバリ、テストに出る範囲は毎年なんとな~く似てるからなんです。

とにかく教科数が多く範囲も広いので、

やみくもに全方面を勉強しようとしても到底時間が足りないし無理なわけです。

でも、過去問を数年分さかのぼって解いてみると、

実際にテストに出題されている範囲が似ているんです。

同じようなところや、近しい範囲から出題されている傾向が強く、

そこを重点的に勉強していればだんだんと実践問題で解けるようになってくる、ということに気がついたのです。

 

作業的には地味ですが、とにかく即実践でどんどん解いていって、

そこから掘り下げて理解を深めていくっていうやり方が一番私には合っていました。

 

つづく

 

 

◆今までのお話はこちらから

子供がいても諦めない!【保育士試験一発合格への道①】

1歳児を育てながら勉強を続けられた秘訣 【保育士試験一発合格への道②】

 

作者:ちゅいママさん
ちゅいママさんの記事一覧

関連記事
赤ちゃんを連れてのお出かけ。様々な制限を乗り越えて・・?!【家事夫、パパになる⑲】 by koyome



 - 1歳児, ママ, 働くママ, 受験


  関連記事

 - 1歳児, ママ, 働くママ, 受験