ママ友だちの輪―『息子は自閉症。ママのイラスト日記④』

ページ: 1 2

   

なので、常に我が子に目を光らせながら、気が休まることなく追いかけていました。
せっかく誘ってくれたのに、ママ友だちの輪に入れないことが本当に申し訳なくて、すごく肩身の狭い思いをしていました。
ただ、上の子が楽しそうにお友だちと遊んでいる姿が救いでした。

ある日、みんなで集まったときに意を決して打ち明けました。

Click here to preview your posts with PRO themes ››

名称未設定-3

「実は、こもたろは、自閉症なんだ・・・。」

こもたろは危険予測ができないこと。人に関心がなく、母である私に対しても関心がなく、どこまででも走って行ってしまうこと。
だから常に追いかけなくてはならないこと。

もしかしたら、これを機に誘ってもらえなくなるかもしれない。
そしたら、上の子に何て謝ろうか。

ママ友だちの反応はこうでした。「話してくれてありがとう。
何かサポートできることがあったら言ってね」「私たちはそんなこと気にしないし、子供たちだって気にしてないよ」「これからも変わらず誘うからねっ」。その言葉に、

Click here to preview your posts with PRO themes ››

名称未設定-4

涙が出るくらい嬉しかった。その後もそれまでと変わらず、公園遊びのお誘いをしてくれてこもろ姉ちゃんは楽しい園生活をおくれました。

私は相変わらず、こもたろを追いかける日々でしたが(笑)。
でも気持ちがすごく楽になった。
ママ友だちの優しい言葉が、私の心を救い上げてくれました。みんな、あの時はありがとう。

~続く。

+

[]

ページ: 1 2

フォローしてmoroさんの最新記事をチェック!

 - 『息子は自閉症。ママのイラスト日記』, ママ友 , ,




 - 『息子は自閉症。ママのイラスト日記』, ママ友 , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/