つわりに苦しむ方は試してほしい!私が実行した3つのつわり軽減法

Posted by:すくパラ事務局

 - つわり, つわり対策, 妊娠講座

   

2
漫画:ぎんさん

つわりは、とても辛いですね。
よく分かります。私は二人の子供を流産し、その後二人の子供に恵まれました。流産の時は全くつわりがありませんでした。

だから、つわりがあると、「赤ちゃんが成長しているんだ」と思い、幸せを感じてはいましたが、それでもかなりひどかったです。

その時の私のつわり対策法をお話します。
つわりに苦しむ方の参考になれば幸いです。

関連記事
赤ちゃんの成長速度はピーク&2頭身から3頭身に!妊娠3ヶ月(8週,9週,10週,11週)のママが知っておきたい事【月齢別すくすく妊娠講座】

①水分をすぐに摂れるようにしておく。

■イオン水

私はいつもイオン水を持ち歩き、いつでも飲める状態にしていました。出来るだけ冷たい方が、気持ちが楽になりました。

初めはスポーツドリンクを愛飲していましたが、砂糖の甘さが気になってきたので、経口補水液に切り替えました。

■炭酸水

いつもは味に敏感な方ではなくても、この時期は非常に敏感になります。その後、炭酸水が飲みたくなり、すごく冷えた炭酸水を準備するようになりました。

飲みたい物をすぐに飲めるように、食べたい物をすぐに食べられるように準備しておくと、気持ちがとても楽になり、つわりが軽減されました。

②からだを冷やさない

■お灸

冷たいものを食べたくなる時期ですが、からだを冷やす事は、良い事ではありません。
私は冷たい物を食べた分、からだを温める事をたくさん実行しました。
なかでも、一番気持ち良かった事は「お灸」です。
今は、簡単にドラッグストアで購入が出来ます。
初めての方でも簡単に出来るように、あまり熱くないお灸もあります。
煙が出ないお灸、張ったまま長時間使えるお灸など、大変種類が豊富です。
からだにはたくさんのツボがありますが、私は一番一般的な合谷(ごうこく)にお灸をしました。
手首にあるツボで、からだの芯からぐっと温かくなって気持ちが落ち着きます。合谷は、万能ツボと呼ばれて、全身の抵抗力を高め、気の巡りをよくするツボです。
慣れてきたら、三陰交(さんいんこう)もお勧めです。三つの陰が交わる場所で、足首から指四本上がったところにあります。

■ツボ押し

下半身の冷えをゆっくり温めてくれます。お灸はちょっと怖いと思う方は、無理をせずツボを押すことから始めてみませんか?気の流れが変わり、つわりの軽減につながります。

関連記事
ひたすら眠い!眠りづわり【36歳の妊娠~つわり①~】 by 猫田カヨ

③つわりを軽減した食べ物

■ひじき

息子を妊娠していた時は、ひじき煮がいつも食べたくなり、自分で大量に作って冷凍保存し、いつも食べていました。
妊娠前は大嫌いだったひじき煮をどうして食べたくなったのか、自分でも不思議でした。
しかし、それがつわりの症状なんでしょうね。味覚、食べ物の好みがびっくりするほど変わりました。
ひじきは、鉄分が豊富で、お通じにもいいので、体調を崩しがちな妊婦さんには非常にお勧めしたいです。

■塩レモン

娘を妊娠していた時は、塩レモンが大好きになりました。
自分で簡単に出来るので、作ることも楽しみました。
皮を全部使うので、無農薬か有機栽培のレモンを買い、それをしっかり洗い、レモンの分量の10パーセントほどの塩を入れて、数日待つだけで出来上がりです。
自分で作ると、保存料や化学物質の心配がなく安心して食べられます。
出来上がった塩レモンをそのまま食べる時もありますし、塩レモンを炭酸水や経口補水液で割って飲みました。
さっぱりして胸のムカムカがスッキリしました。パンに挟んでサンドイッチにしたり、サラダの中に入れて食べるのもお勧めです。

関連記事
妊娠・出産に関する法律・制度。妊娠したら頭に入れておきたい!【すくすく妊娠講座】


つわりがひどい時は無理をしないこと

それでも、どうしても気分が悪い時は、無理をしない事です。
いつでも座る場所を確保し、横になれる時は、遠慮なく横になりましょう。
妊婦さんは、我がのままに生きていいのです。我慢しても良い事なんて、何もありません。妊娠中は、気持ちの浮き沈みが激しくなりますから、ストレスを溜めずに、自分の気持ちをきちんと周りに伝えてしっかり休んでいい時期だと思います。


つわりにすぐ効く「薬」はありません。しかし、自分ならではのつわりの対策法を知ると、症状が楽になることがあります。
出来る限りストレスをためずに、「気持ち悪い」という気持ちを紛らわすようにしましょう。

・家族や夫、友達とお話をしましょう。電話やメールでも結構です。

・つわりを忘れる事ができるように、集中できる趣味をやりましょう。編み物などでもOKです。

・何かを口にしていないと気持ち悪くなる場合は、あめやガムを口にいれておきましょう。

・苦手になった味やにおいに対して無理をしないように。気持ちが悪くなったら、無理せず止めましょう。自分の体の反応に正直になることが大切です。

つわりは、いつか必ず終わります。
一生このままだったらどうしようと思った時もありましたが、必ず終わるものですから、赤ちゃんが成長していると信じて、ゆっくり休んでください。

⇒先輩ママのつわり対処法


すくすく子育て講座妊娠編【つわり】
1

いつからつわりの原因つわりの症状つわり対策つわり体験談先輩ママのつわり症状つわり対処法&食事

妊娠の初期症状はいつから?妊娠の初期症状妊娠初期に気をつける事妊娠初期の食事つわりの症状と対策


妊娠講座

◆月齢別妊娠講座

1ヵ月(0週,1週,2週,3週) 2ヵ月(4週,5週,6週,7週) 3ヵ月(8週,9週,10週,11週) 4ヵ月(12週,13週,14週,15週) 5ヵ月(16週,17週,18週,19週) 6ヵ月(20週,21週,22週,23週) 7ヵ月(24週,25週,26週,27週) 8ヵ月(28週,29週,30週,31週) 9ヵ月(32週,33週,34週,35週) 10ヵ月(36週,37週,38週,39週)

◆妊娠初期

・妊娠超初期の症状と気を付けるべきポイント ・妊娠初期症状はいつから? ・妊娠初期の症状 ・妊娠初期に気を付ける事 ・妊娠初期のおりもの

◆つわりの症状と対策

・つわりの原因 ・つわりの症状と対策 ・つわり中の食事対策 ・吐きつわり&食べつわりの対処法 ・ご飯が炊けるのも怖い!?つわりピーク時の症状と対策 ・つわりが辛い時にスムーズに仕事を休むための方法 ・つわりに効く漢方 ・私が実行した3つのつわり軽減法 ・唾液つわりとは? ・二人目妊娠の時のつわり対策 ・稽留流産 とつわり

◆妊娠中期(妊娠16週~妊娠27週、妊娠5ヶ月、妊娠6ヵ月、妊娠7ヶ月)

・妊娠中期の体 ・妊娠中期の悩み ・妊娠中期に気を付ける事 ・妊娠中期にやるべき事 ・妊娠中の栄養 ・妊娠中から始めるパートナーシップ ・マタニティエクササイズ ・胎教を始めよう! ・逆子の原因とリスクや直し方

◆妊娠後期

・妊娠後期の体 ・妊娠後期の食事 ・妊娠後期にやるべき事 ・妊娠後期の悩み。頻尿、尿漏れ、おなかの張りとむくみ ・妊娠後期、出産前に確認しておくべき事。 ・出産準備品リスト(育児用品) ・母親学級、両親学級 ・妊娠線ケア ・出産の入院準備の便利リスト ・バースプランを立てよう! ・産院選び

◆出産・分娩

・出産、分娩のプロセス ・陣痛の基礎知識 ・破水の基礎知識 ・おしるしの基礎知識 ・自然分娩とは? ・帝王切開の基礎知識 ・無痛分娩の基礎知識 ・全国の安産祈願スポット ・赤ちゃんの名付けの基本 ・知っておこう!出産費用 ・妊娠・出産に関する法律・制度

◆胎児の成長

妊娠1ヵ月妊娠2ヵ月妊娠3ヵ月妊娠4ヵ月妊娠5ヵ月妊娠6ヵ月妊娠7ヵ月妊娠8ヵ月妊娠9ヵ月妊娠10ヵ月


--!>

---------------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。



 - つわり, つわり対策, 妊娠講座

このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加

最新記事一覧を見る!!

  関連記事

【妊娠26週】夫の気遣いに嘔吐する妻 by フナ

息子やっすー妊娠中の話です。 つわりは辛かったのですが、夫あっくんがどうやったら ...

出産前に知っておこう!帝王切開の基礎知識【すくすく妊娠講座】

●帝王切開とは? 帝王切開とは、自然分娩ではママまたは胎児の生命のリスクが高いと ...

【吐きつわり】がひどかった私に旦那がうどんを作ってくれたが…!

私のつわりはひどかった。 常に気持ち悪く… そうしてついに身なりにも構っていられ ...

妊娠中の「便秘対策」【36歳の妊娠~つわり⑦~】 by 猫田カヨ

つわり対策で飲んでいた整腸剤の量を調整して 少し落ち着きましたが、それでも酷い時 ...

孤独なマタニティライフが精神を蝕んで…?!【転勤族育児 1話③】 by ゆむい

ゆむい先生の新連載「転勤族育児」スタート! 知らない土地でのマタニティライフ。 ...

 - つわり, つわり対策, 妊娠講座