ハーネスの思いもよらなかった盲点を発見!?【ハーネスは娘の命綱②】 by 猫田カヨ

   

◆前回のお話はこちら

賛否両論があるハーネスだけれど、私が買ってよかったと思う理由【ハーネスは娘の命綱①】
子供用ハーネスにはいろんな種類があります。
ぬいぐるみが付いていてかわいいタイプや
リュックが付いた実用も兼ねたタイプ
羽根やキャラクターものでファンシーなタイプなどいろいろです。

どのデザインにも「子供が紐に繋がれている」という
マイナスな見た目を払拭し、マイルドにするための企業努力が垣間見れます。

私の住んでいる地域では、マイナスイメージが少ないようで
温かく見守ってくれていました。ありがたいことです。
昔よりも子供用ハーネスの認知度が高くなっているのだと思います。

子供用ハーネスといえども、過信は禁物だと思っていて
使うたびに金具やハーネスをチェックしていましたし、
衣替えで薄着になったときはベルトを調整していました。
…しかし一つだけ盲点がありました。

ハーネスの輪っかに旦那の手が全く入らなかったということです。
旦那の手はとても大きいので無理でした。

 

猫田カヨさんの漫画をもっと読むtit-main

 - 2歳児, みんなの漫画, 子育て, 幼児, 旦那




 - 2歳児, みんなの漫画, 子育て, 幼児, 旦那


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。