息子の発達障害の診断が確定した日。旦那と2人で大爆笑?! by みみママ

   

日本語の話せない台湾人ダンナとは、普段は英語で会話しています。
しかし英語は苦手のダンナ。。!!

中国語では、アスペルガーは「亞斯伯格症(ヤースーポーカーゼン)」というため、毎回ダンナ曰く「日本語は英語をそのまま表記するだけだから、発音に困らなくて良いよなー。こっちは中国語と英語両方覚えるの大変なんだよ」と言い訳されます。笑

この日は、今まで発達障害のグレーゾーンとされてきた長男たーくん(3)の神経や脳検査から帰宅したところでした。

診断が確定したのは良かったのですが、このアスパラガス発言により他の説明が全く頭に入ってこず、私の笑いにダンナもつられ一緒に大爆笑してしまいました。

落ち込む気マンマンだったのに、少し良かった♪これがダンナの気遣いだったら良かったんだけど。。。笑

他にも「スタティステック(統計)」を「スタタティック」と言ったり、謎発言の多い英語苦手ダンナでした。

⇒作者:みみママさん
みんなの漫画をもっと読む
tit-main

 - みんなの漫画, 子育て, 旦那, 発達障害




 - みんなの漫画, 子育て, 旦那, 発達障害


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。