自立する夢は遠ざかり、そんな時に彼が…【パニック障害と家族と私③】 by おかゆ



 - パニック障害, 病気・トラブル, 結婚 ,

   

周囲が就職して頑張って働いている中、ずっとニートだった私。

「外出は怖いけど働きたい」という、焦りと矛盾した気持ちを抱えたまま、化粧品会社でパートとして働くことになりました。

いつ起こるか分からないパニック発作の恐怖はあったものの、やっと働くことができたという安心感もありました。

 

【いざ働いてみると】

あたりまえですが、覚えることがたくさん!

お肌の基礎知識から、難しい専門用語、化粧品のアレコレ、電話対応の仕方などなど…新人は勉強・研修から始まります。

常に集中していたため、病気のことなんてすっかり忘れていました。

そのおかげなのか、研修中は職場で発作が起きることはありませんでしたが…

 

しかし

 

帰宅後はぐったり。

張り詰めていたものが一気に緩んだとでも言いましょうか…

とにかく疲労感が半端なくって、家ではほとんど寝ている始末………。

自立とは程遠いのでありました。

 

【その後】

1ヶ月の研修を終え、なんとか8ヶ月弱仕事に通いましたが、日々の疲労感や重い貧血、パニック障害の悪化により結局辞めてしまいました。

 

自立する夢は遠ざかり…

またニートに逆戻り。

とても悔しかったのを覚えています。

 

【彼の思い】

そんなときでした。

彼氏が、「少し遠くまで、綺麗な景色を見に行こう」と私を誘いました。

正直、遠出をするのはすごく怖くて、決断まで時間がかかりましたが、彼とは高1からの付き合いで信頼も厚かったし、「何かあったら絶対助ける」という言葉に、ここはひとつ勇気を出して行ってみるか…という気持ちになりました。

彼の車で数十分。その間、私が不安にならないように彼はずっと楽しい話をしてくれました。

そして小高い山へ…森を抜けて見下ろすとそこにはとても綺麗な景色があって…

彼の思いに感謝すると共に、勇気を出して良かった…と思うのでありました。

 

【私の思い】

あれから少しずつ外出できるようになってきて、私は彼と近くのファストフード店に来ていました。

この頃は不安も少しずつ減ってきていたのですが…

来てしまったのです。パニック発作が!

止まらない動悸。震える手足。もう止まりませんでした。

それを伝えると彼は私をおんぶし、家まで運んでくれたのです。

今まで漠然と「この人といつか結婚するのかな〜〜」と思っていたのですが、この時から意識が変わります。

フゥゥ!

こっぱずかしいので次回に続きます!

 


 

◆今までの記事はこちらから

~パニック障害と家族と私~

・第1話 私の身体に起こったある変化

・第2話 増していく不安と焦り

 

~憎き“S”との闘い~

・第1話 20代の頃からの密かな悩み

・第2話 きっかけをくれた夫の言葉

・第3話 ドラックストアで買った「白髪染め」で痛恨のミス!

・第4話 自分ではどうしようも出来ないほどの失敗と遅すぎた私の決心・・・

・第5話 白髪との戦いに勝利!私が選んだ方法は…??

 


おかゆさんの待望の単行本!
「うちの娘の超人的発想に脱帽です。」
絶賛発売中です。今すぐクリック!!

作者:おかゆママさん
おかゆさんの記事一覧はこちらから!
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

関連記事
しくじって良かった。1歳の誕生日を前に思い出すあの日【出産4日目で育児の洗礼!?産後すぐの大パニック④】 by chiiko



 - パニック障害, 病気・トラブル, 結婚 ,


  関連記事

 - パニック障害, 病気・トラブル, 結婚 ,