体の調子も良くなってきた頃、発覚したことは?!【パニック障害と家族と私④】 by おかゆ

   

突然の(いつもだいたい突然ですが)パニック発作に、私をおんぶして家まで運んでくれた彼氏。

この時私は21歳。まだ若かったけれど、彼氏との付き合いは6年目に入ろうとしていたところ。

今までは漠然と考えていた「結婚」を、とても意識するようになった瞬間でした。

 

「もし結婚しても病気のことで迷惑をかけるかも…」

そんな思いがゼロだった訳ではありません。

でも、彼のポジティブさなら…彼の頼もしさなら…

一緒に生きていきたい。今度は私も彼を支えたい。そんなふうに思うようになりました。

 

恥ずかしいのでこの話はここらへんでやめましょう。笑


 

【1年が経ち】

なんやかんやで彼氏とはその後も1年お付き合いが続きました。

この頃には、彼のおかげでデートも少しずつ遠くへ行けるようになっていました。

1人で外出するのは不安がありましたが、両親や彼が一緒なら大丈夫でした。

心を許せる人、安心できる人と一緒にいると、発作はあまり起こらないようになっていたのです。

 

少しずつ体の調子も良くなってきたし、週2くらいのバイトなら周りに迷惑をかけずにできるかしら。

そんなことを考えている時でした…。

 

妊娠が発覚します。

 

驚きと喜びと不安と色んな思いがありましたが、彼もお互いの両親も大喜び。

翌月には婚姻届を出して、晴れて夫婦となりました。

 

【疑問】

そこで皆さんが疑問に思うのはここではないでしょうか?

 

 

私も不安でした。

ですが…

 

不安と同時に、自分のお腹の中に大好きな人の赤ちゃんがいるということに、毎日幸せを噛み締めておりました。

赤ちゃん、元気に育ってるかな?男の子かな?女の子かな?名前はどうしようかな?

などなど…

 

今までの私の脳内は…

こんな感じでした…

(懐かしの脳内メーカー風。そして某漫画風。)

それが妊娠してから…

↓↓↓↓↓

こんな感じに。

マイナス要素がだいぶ少なくなりましたね。

この変化が、この後私の体にも大きな影響を与えるのです。

どんな風に変化したのかは、また次回で!

 


 

◆今までの記事はこちらから

~パニック障害と家族と私~

・第1話 私の身体に起こったある変化

・第2話 増していく不安と焦り

・第3話 自立する夢は遠ざかり、そんな時に彼が…

 

~憎き“S”との闘い~

・第1話 20代の頃からの密かな悩み

・第2話 きっかけをくれた夫の言葉

・第3話 ドラックストアで買った「白髪染め」で痛恨のミス!

・第4話 自分ではどうしようも出来ないほどの失敗と遅すぎた私の決心・・・

・第5話 白髪との戦いに勝利!私が選んだ方法は…??

 


おかゆさんの待望の単行本!
「うちの娘の超人的発想に脱帽です。」
絶賛発売中です。今すぐクリック!!

作者:おかゆママさん
おかゆさんの記事一覧はこちらから!
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

 - パニック障害, 妊娠, 病気・トラブル, 結婚 ,




 - パニック障害, 妊娠, 病気・トラブル, 結婚 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。