母乳のことだらけの育児日記に後悔【貧乳母の母乳育児⑨】 by ぺぷり

   

 

少しずつ、母乳が軌道に乗りつつあると感じつつも、それでも母乳不足感はぬぐえませんでした。
体重は順調に増えていたとしても、それは超頻回授乳によって支えられていることがわかっていたからでした。

近くの児童館では毎月末に身体測定をしていただけるので、
毎月欠かさず計っていただき、その結果に一喜一憂していました。

結果は良好で、むしろ成長曲線の角度はどんどんきつくなり、「少し大きめ赤ちゃん」になっていましたが、これは頻回授乳の賜物だから、授乳間隔はこれ以上あけられないなと、どんどん自分を追い詰めていました。母乳のことに取りつかれていたのかもしれません。
それほど、母乳のことで頭がいっぱいの時期でした。

今でこそ「母乳不足感で悩んでいた」と言ったり書いたりできるけれど、その当時は何故だか母親として情けない気がしていて、なかなか人に相談できませんでした。

周りのママ友は、みんな「母乳不足感」ではなく、どちらかというと「母乳過多」に悩んでいる方が多かったので、余計に相談できなかったのもありました。

そんな孤独な気持ちを救ってくれたのが、「最強母乳外来」というブログでした。三児の母にして助産師をされている方のブログで、経験者ならではの、優しく、時に厳しい言葉にいつも励まされていました。同じように「母乳不足感」で悩んでいる方々がたくさんいらっしゃることを知って「私も頑張ろう!」と思ったものでした。(こちらのブログは、一度閉鎖されたのちに、現在は「最強母乳外来フェニックス」という名で復活しているそうです)


作者:ぺぷりさん
ぺぷりさんの記事一覧
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

 - 0歳児, しくじり育児, ママ, 子育て, 授乳 ,




 - 0歳児, しくじり育児, ママ, 子育て, 授乳 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。