これは娘の演技力?!ありがたいけど末恐ろしい…! by モコ

   

1歳7ヶ月の娘。

突発性発疹二回目を発症したのです。

実は、当初は熱が出てるか、わからず、連休明けの17時頃、娘がお腹を抑えて、「いたいよー」と泣き出しました。
家のすぐ近所に小児科があるので、ネットで見ると、18時まではやってる様子!よし!と娘を連れて駆け込むも、受付時間から5分過ぎてて…

一応ダメ元でおねがいしてみたのですが、「夜間病院の方へ…」と受付の方の迷惑そうな顔。

その途端「痛いよー痛いよ~」とジャストのタイミングで泣き出す娘!

さすが1歳児に泣かれると受付の方も、ドクターに聞きに行って下さいました。

腹痛は怖い病気かも、と見てもらえることになりました
(受付時間が変わってたらしく、事前に電話するようにと厳しく注意は受けましたが)

しかし、なんと、娘は病院の中に入るとケロッとして、おもちゃで遊び始めたではないですか!

「おなかいたい?大丈夫?」と聞くと

「なおったー」

ええええ!なんか受付の方の視線が痛い。。嘘じゃないんでスゥ。。

しかし、一方で、熱を測ると40度!

問診には「熱なし、腹痛あり」、とかいたので、なんかさっきと今じゃ全然状態が違う。。

嘘じゃないんです…と思いながら診察室へ。

診察でもご機嫌な娘。

高熱の割に元気なので、突発性発疹かなー?と言われましたが、熱が下がるまで発疹が出ないので、治ってから突発性発疹だったってわかるんですよね。

その日は、解熱剤をもらって帰りました。

その数日後、発疹が出てるのでやっぱり突発性発疹でしたね~

うちの娘は病院が好きなので、受付の人と私の会話を聞いて途端に演技したのかもしれません。
ありがたいけど、末恐ろしい子…

⇒作者:モコさん
モコさんの記事をもっと読む
みんなの漫画をもっと読む
tit-main

 - 1歳児, みんなの漫画, 子育て, 病気




 - 1歳児, みんなの漫画, 子育て, 病気


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。