もう自分が保てない!心の中で叫んだ言葉は…【手をあげないと決めた日④】 by urashima

   

 

こんにちは。

 

うらしまです。

「なんでもいい」というブログで現在高校生と中学生の2人の兄弟の日常を書いています。

 

すくパラさんでは、小さい頃の事を思い出して書いています。

 

すくパラさんのインスタにコメントを下さった方々、ありがとうございます。

 

前回、気持ちを抑え切れずにたろうを手加減しながらも、押しやってしまいました。

 

 

 

たろうは楽しい遊びと思い、何回も押してもらいたがりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでしばらく遊んだら、疲れて寝てくれるかな…

 

 

そう思い、何回も押してはたろうが転がり、起き上がりまた押す…を繰り返しました。

 

 

 

 

 

 

横になって休みたい。

 

どうしたら寝てくれるのかな

 

 

 

 

 

泣いた後に、スッと寝ることがあります。

 

ダメだけど、今日だけ。

 

 

今日だけ、そうやって寝かせよう。

 

じゃないともう自分が保てない。

 

 

 

 

 

 

安全には充分気をつけながら、さっきよりも更に強く突き飛ばしました。

 

これだけ強く突き飛ばされたら、遊びの範ちゅうを超えたのが伝わる…

 

びっくりして泣きだすだろう。

 

 

さっきよりも遠くまで転がりました。

 

 

 

 

私に抱きついて泣きだすと思ったのに…

 

 

 

強く突き飛ばしたとはいえ、怪我をさせないよう、頭をぶつけないよう、布団からはみ出ないように気をつけたので痛くもなく、ましてや母親がそんな気持ちで突き飛ばしているなんて思わずに、遊びの相手をしてくれているとしかたろうは思ってないでしょう。

 

今振り返るとそう思えますが、その時は更に感情が抑えられなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣け!

 

なんて、誰かに対して思ったのは人生で初めてでした。

 

 

 

 

 

 

続きます。

 


◆今までの記事一覧

手をあげないと決めた日シリーズ

よく泣く赤ちゃんが大人しくなるのが嬉しくてテレビばかりみせていたシリーズ

urashimaさんの記事一覧

作者: urashimaさん

ブログ 「なんでもいい」

 


しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

 - しくじり育児, ママ, 子育て, 寝かしつけ ,




 - しくじり育児, ママ, 子育て, 寝かしつけ ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。