ADHDの息子を落ち着かせる魔法の呪文【多動ピーク時に行ったADHD息子とのディズニーランド④】 by ラム*カナ

ページ: 1 2

   

前回、山あり谷ありSL化ありでどうにかこうにか到着したディズニーランド。

念願だったウッディとの初対面も果たすことができ、40分の待ち時間もクリアし、ウェスタンリバー鉄道に乗車することができました。

そんなお出かけの続きです。

 

【事前予告】

長男は特性の強いADHDっ子ゆえ、一緒にお出かけするにあたり、注意事項がたくさんあります。

そのなかでも、事前予告は本当に大切で、電車に乗る前に「座れないかもしれない。もし座れなかったら手をつないで窓を見ましょう」や、道を歩く前に「ぶつかったら危ないので、お母さんと手をつないで歩きます」など、何事も、事前に情景を説明したり、守るべき約束を伝えておくようにしています。

予想していなかったことが起きたとき、気持ちが対応できずパニックになりやすい特性もあるからです。

事前に伝えておくことで、頭と心で準備ができ、その場になってから言うよりとても効果があるからです。

 

【魔法の呪文】

なので、今回のお出かけも、行動を起こす前に色々と事前予告や約束をしながら進め、ウェスタンリバー鉄道に乗るまでは、大きなトラブルもなくこられました。

ところが、『並んで乗るまでのこと』にだけ意識があった私は忘れていました。

『降りるとき』のことをです。

予想以上に楽しかったウェスタンリバー鉄道の旅。
なかなかSLから降りてくれません。

(しまったー!「乗れるのは1周。駅に止まったら必ず降ります」の約束をし忘れたー!)

他のゲストの方にご迷惑がかかってしまうことを懸念した私は、最終手段を使います…

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - 3歳児, ママ, 子連れお出かけ, 発達障害 ,




 - 3歳児, ママ, 子連れお出かけ, 発達障害 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。