言葉には自信があるBさんの案が…【勘違いママBさんとの奮闘記④】 by 白目みさえ 

ページ: 1 2

   

◆前回のお話

「あなたのため」は「自分のため」【勘違いママBさんとの奮闘記③】

 

【Bさんは何を…?】

いやほんまにほんまに。

保育園とかやったらわかるんですけど。

ここ「子ども広場」ですよね。

お母さんたちが「来たい時に来る場所」ですよね。

バザーはこの施設が…なんやったら「お母さん向け」にやるやつですよね。

私らスタッフちゃうよね。

その日は客だよね。

Bさんもそうですよね。

なんで私らがそのバザーのタイトル考えながらあかんのですか?

 

◆疑問は止まらないままにタイトル考案会が開始

あとから聞いたところによると、一昨年まではバザータイトルなんてなかったんですって。

「子ども広場バザー」

みたいな。(それでええやん。わかりやすいやん)

 

ところが去年からここに通いはじめたBさんが。

大事なことなのでもう一度言います。

「去年から」ここに通いはじめたBさんがですね。

「味気ないわよね!みんなでテーマを考えたらどうかしら!」

とか言い出したそうです。

一応去年も「みんなで」決めたそうなんですが、今年の決め方は…

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - 0歳児, トラブル, ママ, ママ友, 赤ちゃん ,




 - 0歳児, トラブル, ママ, ママ友, 赤ちゃん ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。