言葉には自信があるBさんの案が…【勘違いママBさんとの奮闘記④】 by 白目みさえ 

ページ: 1 2

   

言葉巧みだからだろうか…。

いや…まあ。たしかにBさんは言葉へのこだわりが強くて。

曖昧な言葉を使うと必ず指摘して修正してしてくれるんです。

 

【例①】

 

白目「朝起きるのが難しいわけじゃないんですけど…」

Bさん「難しくはないんでしょう?じゃあできるじゃない」

白目「いや…その…眠たいなって…つい寝ちゃうんですよね」

Bさん「じゃあ難しいんじゃないの?」

白目「いや…まあ…はい。『私は朝起きるのが難しいです』」

Bさん「日本語は正しくね」

白目「はい…」

 

【例②】

 

白目「うちの子なかなか歩かないんですよねー」

Bさん「○○は試した?まずそれからやってみたら?」

白目「あー…いや…まだ月齢的にはそこまで焦らなくてもいいかなって思うんですけど…」

Bさん「じゃああなたは困ってないのよ。今の言い方だと困っているように聞こえたけど?」

白目「まだ…心配する月齢ではないってことですね…」

Bさん「成長はそれぞれだからね」

白目「はい…」

 

なんかこう…ニュアンスで会話することをBさんは許してくれません。

普段からこんな感じなので、みんなあまりBさんとは喋らなくなるのですが…。

(絶対に「言葉巧みだから」だけではないと思うけども…)

 

それでもBさんが考えた案を出すと

「言葉」にこだわりのあるBさんの言うことだから…と

Bさんの案をみんなが選んでしまうとBさんは思ったようです。

たしかに投票制なら公平ですね。

誰が選んだかではなく。

どのフレーズがいいかをみんなの直感で選べる。

平等性を重視し、みんなの気持ちにも配慮した、とてもいい方法ではないでしょうか。

ファインプレーですBさん!

実際のものは覚えていないので、雰囲気だけつかんでもらえれば。

本当はもっと素敵なワードがたくさん並んでたんですよ?

ああああああああああ。

「言葉巧み」に定評のあるBさんの案ではなかったようです。

その後Bさんがとった行動とは…。

 

~第一話はこちらから~

◆今までのお話

勘違いママBさんとの奮闘記シリーズ
トンデモなママ友のお話シリーズ
自分も姑と仲良くできなかった話シリーズ
白目みさえさんのお話をもっと読みたい方はこちらから

⇒インスタグラム misae_mon
⇒ブログ 日々白目むいてます
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

ページ: 1 2

フォローして白目みさえさんの最新記事をチェック!

 - 0歳児, トラブル, ママ, ママ友, 赤ちゃん ,




 - 0歳児, トラブル, ママ, ママ友, 赤ちゃん ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/