赤ちゃんの足の奇形を確かめるため新生児室へ向かうと…【高齢出産なめてました。体力不足で色々と限界になった話⑱】 by 宝田くま子

ページ: 1 2

   

そうしてやっとたどり着いた新生児室。

目の前にはたくさんの赤ちゃんたち。

ケースの名前を見ながら、自分の赤ちゃんを探しました。

 

 

 

 

すぐに近寄って、優しく抱き上げました。

とっても小さくて、やわらかくて、プニプニで・・・・。

 

 

 

 

 

そうです!何よりも先に確認したいことがあったのです。

 

出産後、先生に言われた気になる言葉。

「赤ちゃんの足の指が奇形」

 

あわてて足を出して指を凝視しました。

 

 

 

 

 

あれ?

なんだこの指?

思ってた感じと違う?

 

いや・・・・、でもなんか変・・・・

 

次回に続きます

 

~第1話はこちらから~

◆今までのお話

高齢出産なめてました。体力不足で色々と限界になった話シリーズ
子連れ外出でまさかのケガ!私が起こしたしくじりシリーズ
宝田くま子さんの作品をもっと読みたい方はこちらから
⇒インスタグラム takarada.kumaco

しくじり育児エピソード大募集!
しくじり育児

ページ: 1 2

フォローして宝田くま子さんの最新記事をチェック!

 - 0歳児, ママ, 出産, 赤ちゃん ,




 - 0歳児, ママ, 出産, 赤ちゃん ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/