2歳10ヶ月、暴走する宇宙語。【娘の発達障害㉖~支えてくれたママ友の存在~】 by SAKURA

ページ: 1 2

   

当時、私にはよく遊んでいたママ友が3人いました。

 

 

全員、子どもの月齢が近かったのですが、

仲良くしていた理由は子どもの年齢ではなく、

全員が娘をありのまま受け入れてくれていたからでした。

 

 

宇宙語でも、しゃべれば「可愛い!」と言ってくれたり、

言葉を理解するのが難しいとわかっていても、一生懸命娘に話しかけてくれたり…。

私が娘のことで悩んだ時は…

 

 

「頑張ってる」と私を労ってくれたり…

 

 

ストレス解消にと、買い物に付き合ってくれたり…。

私が娘の療育でバタバタ動いている時は、

 

 

声を大にして、嬉しい言葉をかけてくれました。

あるママ友は、一緒に遊んでいる時に(ママ友の)親と遭遇したので、

私と娘を紹介してくれたのですが、その時…

 

 

娘のことを「癒し系、かわいい」と言って紹介してくれました。

紹介してる時も娘の宇宙語は止まらなかったのに、

そんなふうに言ってくれ、嬉しくてたまりませんでした。

あの時のことは今でも忘れません。

 

私のメンタルを支えてくれていたママ友たち。

私は、常に周りの人の存在に助けられていたのでした。

 

続く…。

 

~第一話はこちらから~

■単行本「うちの子、個性の塊です」

◆今までのお話

娘の発達障害シリーズ
苦しかった私の母乳育児
旦那の単身赴任中におきた、私の体調不良

SAKURAさんのお話をもっと読む
⇒インスタグラム sakura.kosei

しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

ページ: 1 2

フォローしてSAKURAさんの最新記事をチェック!

 - 2歳児, ママ, 子育て, 療育, 発達障害, 自閉症 ,




 - 2歳児, ママ, 子育て, 療育, 発達障害, 自閉症 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/