夜中、意を決して連絡した相手【訪問してくれた助産師さんに救われた話②】 by みほ

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

第1話 生後1ヶ月の娘を預けて急いで向かった先は…

 

病院でマッサージを受け、おっぱいの詰まりが取れてやったー!と思ってたのもつかの間、またおっぱいが詰まり、しこりが出てきました。

幸いにも今回は症状は軽かったみたいで、搾乳と授乳を頻繁にして詰まりはすぐ取れたのですが、それ以降、詰まっては取れて→詰まっては取れてを何度も繰り返すのです。

 

 

すぐ詰まりは取れていたので「病院に行くほどではない」と思い、病院には行かず、誰にも相談せずに日々やり過ごしていました。(前回、1人で病院に行った時でさえいろいろ大変だったので『できれば病院に行きたくない』という思いもありました)

 

「詰まってもすぐ取れるだろうし…」

そう私が詰まりを軽く見ていたとき、とんでもない大きな痛みがやってきたのです。

 

娘が4ヶ月になったくらい。旦那は夜勤で夜は家におらず、次の日もお昼まで帰ってこない…というときです。

いつも通り夜寝ていたところ、あまりにも大きい痛みで起きました。

 

しこりもかなり大きく、あっこれはやばいやつだ…とすぐ思いました。娘に吸ってもらい、搾乳もしましたが全然詰まりは取れないんです。

 

 

この時、「痛い」「頻繁に授乳、搾乳してしんどい」「痛くて眠れない」と悲惨でした。

一向に良くならないおっぱいを見て、マッサージを受けるしかない!早くどうにかしてほしい!と、あるところに連絡するのです。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - 0歳児, ママ, 授乳, 産後, 病気・トラブル ,




 - 0歳児, ママ, 授乳, 産後, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。