流産の可能性を伝えられた母に祖母がかけた言葉【三姉妹の中で私だけ生命保険にかけられていた話⑦】 by はなうさ

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【三姉妹の中で私だけ生命保険にかけられていた話】

 

私を妊娠したばかりの頃、おたふくにかかって入院した母。

医師からは「妊娠初期におたふくになると流産の可能性が高くなるから覚悟はしておいて」と忠告されます。

私を妊娠する少し前に、流産していた母は失意の中退院するのですが

 

 

母が退院してから、母側の祖母が家に手伝いに来てくれていたそうです。

祖母は母と性格がそっくりで明るく大らか。前向きでとっても優しい人でした。

目が離せない当時一才の姉のお世話をしながら家事も全て祖母がしてくれたそうです。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローしてはなうささんの最新記事をチェック!

 - 二人目以降, 妊娠, 妊娠初期, 病気 , ,




 - 二人目以降, 妊娠, 妊娠初期, 病気 , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。