幼稚園の同級生からのヤバい電話で究極の一言が炸裂!!【卒園10年後、ゾッとした話③】 by きのこの子

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【卒園10年後、ゾッとした話】シリーズ一覧

 

高校1年生の夏、

突然わたしの自宅に幼稚園の同級生だったYゾーくんから電話がかかってきました。

正直Yゾーくんのことは当時から苦手でしたが、久しぶりだったので何の用なのかと疑問を持ちつつ会話を続けました。

Yゾーくんが言うには、

わたしとYゾーくんは「みんなも先生も認める仲だった」そうなのですが、

わたしには全く思い当たる節がありません。

 

さらにYゾーくんの一方的なトークは続き、今回電話をかけてきたのは、

わたしが夢に出てきて、呼んでいる気がしたからなのだというのです!!!!

もちろんそんなはずはありません!

 

…というのが前回までのお話(

 

 

【相手のヤバさに気づき始めるが…?!】

 

この電話、ヤバい!!

 

混乱しすぎてわたしがまともに話せなくなってもなお、Yゾーくんのトークは続きます。

そして彼の口から究極の一言が飛び出します!!

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてきのこの子さんの最新記事をチェック!

 - 女の子, 幼稚園, 怖い, 男の子, 高校生 ,




 - 女の子, 幼稚園, 怖い, 男の子, 高校生 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/