大学進学を控え気付いた、自分の世界の狭さ【中学受験をした話⑪】 by ぴなぱ

固定ページ: 1 2

   

 

でもそれに気付いたところで、今さらどうにもなりません。

その時はもう高3も終わりかけで、今から受験勉強をして他大に受かるとも思えないし、そもそも他の進路を考えたこともないので、どの学校にどんな魅力があるのかすら知りません。

そしてなにより

 

 

中学から6年間過ごした学校。そこの生徒が多く進学する大学。そこから出て、1人で外の世界に入っていくのはすごく怖い。

それをするだけの目標も、夢も、その時の私にはありませんでした。

 

そんなモヤモヤはありつつも、私は希望の学部の推薦をもらうことができ、大学生になりました。

 

続きます。

 

~第1話はこちらから~

 

すくパラNEWS公式YouTubeチャンネル毎日更新中!
チャンネル登録お願いします!

 

フォローして、ぴなぱさんの最新記事をチェック!

⇒作者:ぴなぱさん
⇒ブログ 猫の手貸して~育児絵日記~

しくじり育児エピソード大募集!
しくじり育児

固定ページ: 1 2

フォローしてぴなぱさんの最新記事をチェック!

 - 中学生, 受験, 子育て, 高校生 ,




 - 中学生, 受験, 子育て, 高校生 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/