3ヶ月の息子を床に落としてしまった…!待っていた義母からかけられた言葉は…【初めて息子に怪我をさせてしまった日。④~最終話~】 by みつけまま

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【初めて息子に怪我をさせてしまった日。】シリーズ一覧

 

前回からの続きになります。

私達夫婦が原因で起こってしまった事故。
緊張と恐怖と不安でいっぱいの中、ようやく総合病院での診察が終わりました。

 

CTスキャンをしないことを選択した私達に手渡されたのは、
「子供が頭を打った場合に気をつけるべきこと」
が書かれた1枚のマニュアルでした。

そこには、頭を打ってから特に24時間程度は意識障害の有無や嘔吐症状、けいれんやひきつけ、痺れや麻痺が起こらないかどうかを気をつけて観察するように、と書かれていました。

 

いくら「今は大丈夫」とはいえ、この後どこか悪くなるかもしれない。
夜眠っている間に、脳内で出血が起こってしまうかもしれない。

 

ただ見守ることしかできない歯がゆさと極限のストレス、そして腕の中で疲れてミルクを飲みたがる息子に、私は待合室で待つことが出来ず会計を夫に託し、息子を連れてフラフラと駐車場に向かいました。

 

 

※登場人物のマスクは省略しています。

 

夫から話を聞いて病院まで駆けつけてくれた義母。

 

その姿を見た瞬間に限界を迎えていた緊張の糸は切れて、私は人目も気にせず、駐車場の真ん中で泣きじゃくりました。

義母はそんな私に優しく寄り添ってくれて、
夫が会計を終えて戻ってくると、最早料理をする余力の残っていない私達の夕飯を調達するために、代わりに買い出しに行ってくれました。

 

帰宅した後、私と息子は夕方まで寄り添って眠りました

そしてその日の夜。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてみつけままさんの最新記事をチェック!

 - 0歳児, トラブル, 怪我, 赤ちゃん ,




 - 0歳児, トラブル, 怪我, 赤ちゃん ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/