ようやく妊娠性痒疹の診断が!一時は落ち着いた症状だったが…【友人の妊娠性痒疹・PUPPP⑥】 by ぴなぱ

ページ: 1 2

   

こんにちは!友人の妊娠性痒疹・PUPPPのお話の続きです。

◆今までのお話

【友人の妊娠性痒疹・PUPPP】シリーズ一覧

 

近所の皮膚科を受診した翌日、症状が治まらないため今度は友人の母に薦めてもらった皮膚科を受診してみることに。

そこでようやく診断が。

 

 

診断はやはり、薄々そうなんじゃないかと感じていた

「妊娠性痒疹」でした。

 

第4話で書いたように、前々日の妊婦健診の時点ですでに自分で調べてそんな気はしていましたが、ようやくお医者さんにそうだと言ってもらえてなんだかホッとしました。

 

診断がおりたのはよかったのですが、皮膚科の先生いわくすでに症状はかなりひどい状態。

そして妊娠性痒疹という疾患は、基本的に出産すれば自然に治まる、逆を言えばほとんどの場合出産するまで治まらないというものでした。

 

そのため治療薬というものはありませんでしたが、痒みを抑えるものを中心に妊娠中でも使える塗り薬や飲み薬を処方してもらいました。

 

 

ただの湿疹などとは薬の種類が違うのか、ここでもらった塗り薬はよく効いて、塗っている間は痒みもかなり抑えられました。

特にメントールが配合された塗り薬は、スースーすることで痒みを紛らわせてくれてかなり重宝しました。

薬を塗らないと痒みはやはり強かったので毎日何度も塗り直していましたが、それでも痒みが和らぐ時間があるだけでかなり楽に。

 

飲み薬についてはやっぱり赤ちゃんへの影響が少し心配だったので、この時点では飲みませんでした。

発疹も治っていくわけではありませんでしたが、それまでに比べて進行が抑えられている感じがしました。

 

これで出産までどうにか耐えられる!と、希望が見えてきたのですが…

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてぴなぱさんの最新記事をチェック!

 - 妊娠, 悩み, 病気・トラブル ,




 - 妊娠, 悩み, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/